NURO光の特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!

NURO光の特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!
NURO光の特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!
NURO光はプロバイダーのSo-netが運営している光回線事業者です。
現在、高速光回線で主流となっているのは最大で理論上1Gbpsです。これでも通常の使用であれば、全く不満なく快適に使うことができます。ところが、NURO光の回線速度は、その2倍の最大で理論上2Gbpsとなっています。それなのにプロバイダー込みで5,000円弱と、かなりオトクな料金設定です。
現在は、関東、関西、東海、九州の一部を中心に利用することができます。
そこで、これからNURO光の特徴やサービス、気になる料金や評判を詳しく紹介していきます。

NURO光の特徴

NURO光の特徴

NURO光の高速光回線の速度は最大で2Gbps

大手で有名な高速光回線といったら、まずはNTTのフレッツ光があります。フレッツ光の使用できるエリアはほぼ全国。ほかにもフレッツ光に対抗して、高速光回線で評判の高いKDDIのauひかりがあります。
このフレッツ光やauひかりの通常速度は最大1Gbpsとなっています。(auひかりは、料金を上乗せすることで更に高速な光回線サービスを提供開始しています)

ところが、NURO光はその2倍の2Gbpsが通常サービスの最大速度。
車に例えるなら前者の場合、一般道を時速50kmで走っているのに対し、NURO光は高速道路を100kmで走っているイメージ。つまり、インターネットを更に快適に使うことができます。

  • データ量の多いオンライン上の動画や映画コンテンツをよく見ている
  • 大きなファイルを大量にやり取りしている

このような方の場合でしたら、仕事そしてプライベートにおいて、NURO光は快適にインターネットが使えます。

NURO光の対応エリアは関東、関西、東海、九州

NURO光は2013年から運営を開始しました。NURO光の当初の対応エリアは関東の一部のみで、それ以外の地域での提供はありませんでした。

しかし、NURO光は従来の高速光回線と比べて2倍も速いことから人気や注目度が集中。
そして、2019年7月現在では、関東以外に関西、東海、九州の一部まで対応エリアを拡大してきました。今後も更に対応エリアは広がる可能性もあるかと思います。

提供エリア(2019年7月現在)

  • 関東1都6県(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬)
  • 東海4県(愛知、静岡、岐阜、三重)
  • 関西2府3県(大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良)
  • 九州2県(福岡、佐賀)

NURO光の対応プロバイダーはSo-netのみ

フレッツ光は、多くの提携プロバイダーから気に入ったプロバイダーを選択することができますが、NURO光は、So-netが運営している光回線ですので、接続できるプロバイダーはSo-netのみとなっています。

新規で申し込む場合には問題ありませんが、問題はすでにインターネットをされている場合です。
プロバイダーをSo-net以外で使用している場合、解約をしないといけません。場合によっては違約金が発生することも。とくに急いでいなければ違約金が発生しない、更新月でNURO光に乗り換える、という方法もあります。

So-netの特徴としては、やはり運用実績が長いことで信頼性が高いところ。インターネットが本格的に普及する前の1996年頃から運営を開始。

So-netは2017年現在、OCNそしてYahooBB!について3番目の会員数を持っています。あわせて、対応している高速光回線の種類が多いのも特徴です。
そしてSo-netは、フレッツ光以外でauひかりにも対応しているプロバイダーです。

現時点において、NURO光に対応していないエリアだけど、将来開通する見込みがある。
そのような場合、フレッツ光またはそれよりも比較的速いauひかりを使用して、プロバイダーをSo-netにします。そして、NURO光が開通してから乗り換える。そうすれば、プロバイダーを乗り換える必要もなくなり、最小限の手間でNURO光を使うこともできます。

NURO光はソフトバンクのキャリアならスマホ割を受けられる

NURO光は、お手持ちのスマホがソフトバンクのキャリアの場合、プランにあわせて毎月の利用料から割引を受けられる、スマホ割の適用があります。
条件としてはNURO光でんわの加入など、各種条件が必要ですが、家族で使用しているなら、大幅な割引も可能です。

NURO光はマンションの高さによりNURO光が導入できないことも

NURO光の高速光回線のプランは、戸建て向けと、マンションなどの集合住宅向けの2種類があります。

実はNURO光の場合、マンションの高さによりNURO光が導入できないこともあります。
NURO光のプランには、7階以下の集合住宅向けと8階以上の集合住宅向けの2種類があります。
そのため、7階以下ではNURO光が使えるのに、8階以上は使えないということも。ではどうすれば、8階以上でも使えるのかといったら、申し込み希望者の人数によります。NURO光への申込者が4人以上いる場合、導入可能な条件を満たします。
そのため、8階以上に住んでいて、NURO光を使いたい場合は、大家さんに希望を出すことをおすすめします。

今はNURO光の導入条件に満たなくても、申し込み希望者が増えれば、将来導入されるかもしれませんよ。

NURO光は超高速!NURO光10Gもある!

NURO光の速度は最大で2Gbps。それよりも5倍になる10GbpsのNURO光10Gもあります!とはいっても、まだ対応エリアは非常に狭い状況。あわせて10Gbpsの速度をフル活用するには、それに対応した通信機器(ルーターやHUB等)が必要です。

現状のパソコンの有線LANの対応速度は、1Gbpsまでがほとんど。
そのため、よほどのモノ好きでないかぎり、大量の膨大なデータを使わないかぎり、2GbpsのNURO光で十分です!

NURO光の料金

NURO光の料金

【NURO光の料金プラン NURO 光G2V】

プラン:NURO 光G2V 戸建て・7階以下のマンション マンション(8階以上)
初期費用 事務手数料 3,000円 3,000円
標準工事費 40,000円 40,000円
月額料金 4,743円 1,900~2,500円
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円

料金体系は、戸建向けと集合住宅向の階数の高さにより料金が異なります。

  • 戸建向け・集合住宅7階以下向け:月額料金7,124円(2年契約の場合は4,743円)
  • 集合住宅8階以上向け:月額料金1,900〜2,500円

8階以上の場合、NURO光の申込み人数により月額料金が変動します。また、固定電話を使用する場合、上記料金に光でんわの基本料金がプラスされます。

マンションプランの詳細:https://www.nuro.jp/mansion/price/

NURO光の評判

NURO光の評判

NURO光の評判を価格.comで確認しますと、総合満足度は5点満点中、3.81点と高得点。(集計期間:2017年 2月17日~2018年 2月16日 投稿数:37件)

【NURO光の実際の評価】

  • 「とても早く安定している」
  • 「常時800M以上でてる」
  • 「下り 900Mbps台、上り 800Mbps台はコンスタントに出ます。」

といい評判である一方

  • 「最新モデルHG8045Qで、1200mbps対応みたいですが、無線2.4gの場合は50mbpsしか出ない、5gの場合200mbps前後。但し、ONUの有線接続で780mbpsに!こちらはnuroの正体でしょうか?なぜでしょうか?」
  • 「特に早くも無いが悪くは無い」
  • 「41.20Mbps(11gなのでLANでの頭打ちあり)」

という意見もあります。

回線速度が遅いという評価は、NURO光に原因があるとは限りません。

  • 地域
  • 回線環境
  • 使っているPCやスマホのスペック
  • 接続時間帯

にも影響されます。

NURO光が遅いと言われる方の場合、使用しているルーターの性能に原因の可能性があります。
とくに無線LANで使用している場合、NURO光のメリットを十分に受けることができません。少しでも速い速度を出したい場合、

  • ルーターが古い場合には買い換える
  • 無線LANを使用している場合にはルーターの位置を変える
  • 有線LANを使用する

などの対応を行うこともおすすめします。

NURO光のまとめ

NURO光のまとめ

いかがでしたでしょうか?NURO光をおすすめする方としては、

  • NURO光の対応エリアに住んでいる方
  • 速い速度で安定したインターネットを楽しみたい方
  • ソフトバンクのキャリアを使用している方

このような方におすすめです。キャンペーンは、時期により変わることがあります。そのため最新の情報を確認して、お得にNURO光へお申し込みされてはいかがでしょうか?