フレッツ光の特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!

フレッツ光の特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!
フレッツ光の特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!

フレッツ光はNTT東日本/西日本が運営している光回線です。
高速光回線といったら、まず真っ先に思い浮かぶ名前ではないでしょうか?
知名度だけではなく、エリアカバー率においても日本国内においてはダントツです。また、フレッツ光と繋げるのに必要なプロバイダーの数も多く存在します。

  • 「何かあったときに安心して使えるところがいい」
  • 「充実したサービスのあるところがいい」
  • 「困ったときに情報がたくさんあるところがいい」

など、安心や信頼を求めたいならおすすめの光回線です。
また、最近は光コラボ(NTTから光回線を借りて運用している光回線サービス)などでは、大型キャッシュバックなどのキャンペーンも行っています。
そこで、これからフレッツ光の特徴やサービス、気になる料金や評判を詳しく紹介していきます。

フレッツ光の特徴

フレッツ光の特徴

フレッツ光のエリアカバー率は90〜95%前後

高速光回線でインターネットを楽しみたいけど、ウチはエリアに入っているのか不安・・・

ここは回線業者最大手のNTTですので、離島やよほど人口の少ない地域や山間部などを除き、フレッツ光を使うことができます。それを裏付けるデータとして、2015年11月6日「2016年3月期 第2四半期 決算補足資料」の中に、下記のような内容があります。

2016年3月期通期予想(見直し後)のNTT東日本、NTT西日本の設備投資額には、光化投資額として、NTT東日本には約1,100億円、NTT西日本には約950億円を含ん でおります。なお、2016年3月期末の光カバー率として、NTT東日本は95%、NTT西日本は93%を見込んでおります。

http://www.ntt.co.jp/news2015/1511jwbw/pdf/xddh151106c_all.pdf

1連結業績サマリーの(注4)より引用

KDDIが運営している光回線「auひかり」のエリアカバー率は70%前後ですので、この数字だけ見ても、フレッツ光はかなり高いエリアカバー率となります。

フレッツ光の対応プロバイダーが豊富

フレッツ光は、お申し込み時にプロバイダーの選択が必要になります。
プロバイダーとはインターネットに接続するサービスを提供する通信業者のことをいいます。

プロバイダーはインターネットの出入り口

フレッツ光で選べるプロバイダーは都道府県により違いは出ますが、東京都だけでも20社以上あり、選ぶのに迷うくらいです。
一方、KDDIが運営しているauひかりの場合、2019年7月現在で7社のため、その数は歴然。

安心と信頼性を求めるなら、NTTが運営しているプロバイダーで最大手のOCNがおすすめです。
少しでも幅広いサービスを求めるなら、OCN以外のプロバイダーを選択するのもアリ。

対応プロバイダーが多いからこそ、あなたにあったプロバイダーを選択することができます。

フレッツ光は光コラボレーション(光コラボ)でさらにオトクに

最近、高速光回線に乗り換えを検討していましたら、この光コラボというのをアチコチ見かけるかもしれませんね。

この光コラボとは、通信事業者がNTTが運営している高速光回線(フレッツ光)を借りて、独自のプロバイダーとセットにして販売しているサービスです。そして光コラボはフレッツ光と同じサービスにもかかわらず、月額料金がお安くなることから大変お得なサービスです。

光コラボの経緯としては、通信回線の競争を自由化するためです。
いくら競争は自由化されても、新規事業者は設備投資が莫大となるため、参入が難しいのが実情です。そこで、2015年からNTTの高速光回線を切り売りする方法で、新規事業者が参入できるようにした、という経緯になっているんです。

光コラボ

光コラボをしているプロバイダーなどはたくさんありますが、NTTの高速光回線を使っているのはどこも一緒です。
そのため、高速光回線の恩恵を受けながら、光コラボでオトクに使うことができます。
そして今まではフレッツ光回線とプロバイダーの窓口は別でしたが、光コラボでは、その窓口が同一になり、より一層便利にもなりました。

フレッツ光の実質回線速度は遅いと一部で評判

NTTが運営する光回線「フレッツ光」及び上記で説明した光コラボは、一部から回線速度が遅いとの評判があります。

これはスマホ等の情報端末の普及とYouTube等の映像配信サービスが一般化したことにより、回線が混雑してきたことが原因です。
一部のエリアや時間によって混雑状況は違いますが、一般に夜間や休日等に回線速度がおそくなるとの意見が多くあります。

最近では、この混雑状況を回避するため、新たな通信技術「IPv6接続」を導入してきております。
現在NTTの光回線をお使いでIPv6接続していない方は、変更手続きをされることをおすすめします。但し一部のプロバイダーでは、まだIPv6接続に対応できていないところもありますので、ご注意ください。

フレッツ光の料金

フレッツ光の料金

フレッツ光 NTT東日本の料金

フレッツ光 NTT東日本 戸建て
ギガファミリースマートタイプ
マンション
ギガマンションスマートタイプ
初期費用 事務手数料 800円 800円
標準工事費 18,000円 15,000円
月額料金 4,700円
+プロバイダー料金
3,050円 (16世帯以上)
+プロバイダー料金
3,450円 (8世帯以上)
+プロバイダー料金
4,050円 (4世帯以上)
+プロバイダー料金
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円

 

フレッツ光 NTT西日本の料金

フレッツ光 NTT西日本 戸建て
ファミリースーパー
ハイスピードタイプ
マンション
マンションスーパー
ハイスピードタイプ
初期費用 事務手数料 800円 800円
標準工事費 18,000円 15,000円
月額料金
 
4,300円
+プロバイダー料金
2,850円 (16世帯以上)
+プロバイダー料金
3,250円 (8世帯以上)
+プロバイダー料金
3,950円 (6世帯以上)
+プロバイダー料金
契約期間 2年間の継続契約
契約解除料 9,500円

 

代表的なプロバイダーの月額料金

プロバイダー 月額料金
BBexite 500円
AsahiNet 780円
BIGLOBE 1,000円
Plala 1,000円
OCN 1,100円

フレッツ光の月額料金は、回線料金とプロバイダー料金が別々になります。そしてフレッツ光に契約と同時にプロバイダーへも別途契約する形です。

回線料金とプロバイダー料金の合計は、他の光回線よりも高額であることから、最近は光コラボへの乗り換えが活発になってきました。

光コラボはフレッツ光と同じNTTの光回線で月額料金が下がり、工事が伴わないことで、簡単に乗り換えが可能です。(フレッツ光から光コラボへの乗り換えは「転用」と言います。)

現在、フレッツ光へご加入されている方は、光コラボへの乗り換えすることをおすすめします。サービスは同じで料金のみ安くなるということになりますのでお得です。

フレッツ光の評判

フレッツ光の評判

フレッツ光の価格.comでの評判を確認しますと、回線速度は5点満点中、2.94点と平均点です。(集計期間:2017年 1月31日~2018年 1月30日 投稿数:142件)

【フレッツ光の実際の評価】

  • 「100M以上安定してる」
  • 「他のサービスと比べたことはないのですが速いと思います。」
  • 「非常にはやいと思います」

といい評判である一方、

  • 「時間帯によっては非常に遅い時があります。」
  • 「速度が遅いだけでなく、よく切れる、長ーく切れる。回線を調査してもらったところ問題なし。プロバイダーに問題ありとの回答。乗り換えて2年になりますが、もうこりごりです。」

という意見もあります。

回線速度が遅いという評価は、フレッツ光に原因があるとは限りません。

  • 地域
  • 回線環境
  • プロバイダー
  • 使っているPCやスマホのスペック
  • 接続時間帯

にも影響されます。

実際に評判を見ると、フレッツ光の回線よりも、そこに接続するプロバイダーに問題があることもあります。そのため、光コラボのキャンペーンや価格だけに釣られるのではなく、プロバイダーの評判も合わせて確認することをおすすめします。

フレッツ光のまとめ

フレッツ光のまとめ

いかがでしたでしょうか?

フレッツ光をおすすめする方は、下記のような方です。

  • 実績や信頼のあるNTTを使いたい
  • 引っ越しをしても必要最低限の手続きで使いたい

但しこれからフレッツ光にお申し込みを検討されている方は、同時に光コラボも検討してみて下さい。

キャッシュバックキャンペーン等は、時期により変わることがあります。そのため最新の情報を確認して、オトクにフレッツ光に乗り換えてはいかがでしょうか?