【お申し込み前必見】楽天ひかりの評判とサービス

【お申し込み前必見】楽天コミュニケーションズ光の評判とサービス

楽天と言えば楽天市場がとても有名です。また野球チームや銀行、旅行等多彩なサービスを提供しており、多くの人が何かしら利用したり見知っている企業になります。楽天というと扱っている商品が安くポイントがたまりやすいというイメージがあるようです。

では楽天ひかり(旧名称:楽天コミュニケーションズ光)は楽天モバイル株式会社が運営しているインターネット事業サービスになりますが、はたしてどのような評判でサービスなのでしょうか。
楽天ひかりの評判、サービスの内容やメリット・デメリット、会社の概要について徹底調査をしましたのでご紹介します。

Contents

楽天ひかりの評判は?悪い口コミの真実!

楽天ひかりの評判は?悪い口コミの真実!

楽天ひかり(楽天コミュニケーションズ光)のTwitterでの口コミ/評判

楽天ひかりの口コミはまちまちですね。

楽天ひかりの2つの代表的な評判や口コミは、

  • 楽天ひかりの回線速度は、遅い
  • 楽天ひかりの料金は、格安

と、良い評判と悪い評判が混在してます。果たしてこの楽天ひかりの評判の真実はいかがなものでしょうか。

楽天ひかり(旧名称:楽天コミュニケーションズ光)の評判について徹底調査した結果、明らかな実態が見えてきました。

それでは楽天ひかりの2つの代表的な評判と口コミについて詳しく解説していきます。

楽天ひかりの回線速度が遅いとの評判

楽天ひかりの回線速度が遅いとの評判

現在インターネットの環境には多くの種類があります。ご自宅においては光回線を引いたことで最高のインターネット環境を手に入れたと思っている方も多いかと思います。
しかし光回線を引いても速度に不満をお持ちの方は意外と多いのは事実です。楽天ひかりも同様です。それはなぜでしょうか。主な原因は下記です。

【楽天ひかりの回線速度が遅い原因】

 

楽天ひかりはNTTの光回線(フレッツ光) ⇒ 混雑

NTTの光回線はとても信頼のある光回線ですが、近年多くの利用者で混雑し、一部の地域や場所によって速度低下を招いています。

楽天ひかりは、NTTの光回線を利用していることはご存知だったでしょうか。
回線速度が遅い評判は、楽天ひかりに限らずNTTの光回線ご利用者に多いのです。よってNTTの光回線を借りて光回線サービスを提供している他の通信事業者でも同様の評判です。

では楽天ひかりの回線速度が遅いという評判は解決できるのでしょうか。
はい、可能です。サービス内容の見直しすることで回線速度が大幅に向上し安定します。

【楽天ひかりの回線速度を高速にする解決策】

 

「v6プラス(IPv6)」のサービスに加入すること

楽天ひかりに現在ご加入中で「楽天ひかりタイプs」の場合は、v6プラスへ加入することをおすすめします。安定した高速回線へ劇的に変わります。

 

※※これから新規で楽天ひかりへお申し込みを検討されている方へ

これから新規で楽天ひかりへお申し込みを検討されている方は、ご注意ください。

v6プラス(IPv6)に対応している楽天ひかりのプロバイダー「SUNNET」は、現在新規お申し込みの受付を行っておりません。

楽天ひかりがもう一つ運営しているプロバイダー「楽天ブロードバンド」はv6プラス(IPv6)に対応していません。

もし高速光回線が必須な場合は、下記記事をご参考にしてください。

楽天ひかりの料金は格安との評判!真相は?

楽天ひかりの料金は格安との評判!真相は?

【楽天ひかりの標準料金表】

戸建て マンション
初期費用 契約手数料(新規/※転用) 800円/1,800円
標準工事費 18,000円 15,000円
月額料金 4,800円 3,800円

※転用とは・・・現在フレッツ光をご利用の人が楽天ひかりに乗り換えすること。この場合は工事費がかかりません。

【初期費用】

楽天ひかりの契約事務手数料の新規は800円です。多くのお申し込み先は3,000円が最も多いことで評判通りこの契約手数料は格安と言えます。

楽天ひかりの標準工事費はNTT回線の場合多くのところで同額料金ですので一般的と言えます。
工事費は時期によってキャンペーン適用で無料になります。
フレッツ光から楽天ひかりへ乗り換え(転用)の場合、工事費はかかりません。

【月額料金】

楽天ひかりの月額料金は戸建てで4,800円で、評判通りかなり安い方です。全国エリアに対応している光回線業者の上位30%以内に入ります。
ただマンションの3,800円は平均的な料金と言えます。

そしてキャンペーンの内容を考慮すると、楽天ひかりは評判通りかなり格安の方に入ります。

 

【参考:人気の大手光回線との料金比較】・・フレッツ光以外はプロバイダー料金込み
ここで下記は利用者が多い大手の5社の光回線の基本月額料金です。楽天ひかりと比較してみてください。戸建てにおいては特に安いことがわかるかと思います。

人気の大手光回線 月額料金 契約
期間
備考
戸建て マンション
楽天ひかり 4,800円 3,800円 2年 光コラボレーション
(NTTの光回線)
auひかり 5,000円 3,800円 3年 KDDIの独自光回線
SoftBank光 5,200円 3,800円 2年 光コラボレーション
(NTTの光回線)
ドコモ光 5,200円 4,000円 2年
OCN光 5,100円 3,600円 2年
フレッツ光東日本 4,700円
+プロバイダー料金
3,050円 (16世帯以上)
+プロバイダー料金
2年 【各プロバイダー料金】
BBexite:500円
AsahiNet:780円
Biglobe:1,000円
Plala:1,000円
OCN:1,100円その他多数有り
3,450円 (8世帯以上)
+プロバイダー料金
4,050円 (4世帯以上)
+プロバイダー料金
フレッツ光西日本 4,300円
+プロバイダー料金
2,850円 (16世帯以上)
+プロバイダー料金
2年
3,250円 (8世帯以上)
+プロバイダー料金
3,950円 (6世帯以上)
+プロバイダー料金

【楽天ひかりのキャンペーン内容】

  • 開通月から4ヶ月間の月額料金無料
    若しくは、工事費が無料
    若しくは、上記2つのキャンペーンはない (※時期によって変わりますのでご注意)
  • キャッシュバック:15,000円
  • 楽天スーパーポイント付与: 200pt/月
  • WiFiルータープレゼント

楽天スーパーポイントが毎月もらえる格安光回線の「楽天ひかり」
お得なキャンペーンサイトはこちら↓

楽天ひかりのメリット・デメリット

楽天ひかりのメリット・デメリット

【楽天ひかりのメリット・デメリット一覧】

メリット 1、実質月額料金は他社と比較すると格安、トップクラス
2、楽天スーパーポイントが貯まる
3、利用エリアが広い
デメリット 4、スマホ割がない
5、オプションが少ない
6、解約しずらい

楽天ひかりのメリット

1、楽天ひかりの実質月額料金は格安、トップクラス

いろいろな条件で変わりますが、楽天ひかりはキャンペーンを考慮した実質月額料金は格安、業界トップクラスです。特に転用(フレッツ光からの乗り換え)の場合は、楽天ひかりより安いところは見つかりませんでした。

2、楽天ひかりは楽天スーパーポイントが貯まる

楽天スーパーポイントを貯めている方って意外に多いかと思います。楽天ひかりは楽天スーパーポイントが毎月必ず200pt付与されますので、現金換算した場合、?月額料金が実質▲200円となり年間では▲2,400円です。かなりお得感を感じてしまいます。

楽天ひかりは楽天スーパーポイントが貯まる

3、楽天ひかりの利用エリアは広い

楽天ひかりはNTT東日本/西日本の光回線を借りて運用している関係上、全国ほぼ全てのエリアが対象です。フレッツ光の対応エリアに準じています。
引っ越しが多い方は、その都度インターネット回線の解除・再契約手続きせずに継続してご利用可能です。

楽天ひかりのデメリット

4、楽天ひかりはスマホ割がない

楽天ひかりの最大のデメリットは、多くの光回線が行っているスマホ割がないことです。docomo、au、SoftBank のスマホをお持ちの方はセット割りがありませんので、条件によっては格安にならない可能性があります。
また格安SIMで有名な楽天モバイルをお持ちの方はセット割を期待しますが、残念ながらありません。

5、楽天ひかりはオプションが少ない

ひかり電話(光IP電話)、ひかりTV のオプションは比較的一般的ですが、楽天ひかりは提供していません。

但し楽天ひかりはNTTの光回線を利用していることで、直接NTT東日本/西日本にお申し込みできます。料金は変わらないことから、お申し込みは煩雑になりますが大きなデメリットではありません。

6、楽天ひかりは解約しずらい

楽天ひかりは2年契約若しくは3年契約です。そして楽天ひかりの場合、解約時期は契約満了の1ヶ月間のみです。その後契約は同期間で再度自動更新されます。契約期間中の解約違約金は9,500円です。

解約違約金の発生方法は他の光回線も同様なところが多いのは事実です。中には解約違約金がない光回線もありますので、解約しづらいといううわさは本当です。ご注意ください。

楽天ひかりのオプションサービス

楽天ひかりのオプションサービス

【楽天ひかりのオプションサービス】

オプションサービス名 料金 サービス内容
訪問サポート 7,000円/回 「インターネットやメールアカウントの設定方法等、基本的なことも苦手」という方に訪問サポートはおすすめします。電話で相談後、5日前後で担当スタッフが自宅まで来てくれてサポートしてくれます。

新規で楽天ひかりにお申し込みされた方は、開通から60日以内まで初回料金は無料のサービスです。

リモートサービス 500円/月 パソコンや周辺機器のお悩みについて365日いつでも相談できるサービス。ご自分のパソコンは、専用オペレーターが遠隔操作し解決します。
Wifi対応ルーターレンタル 300円/月 ご自身で購入される場合は、お申し込みする必要はありません。

基本設定等ご不安の方や、機種選定がわからない方にはおすすめです。

セキュリティサービス 350円/月 【12ヶ月間無料】
ソースネクスト社の「スーパーセキュリティ マルチプラットフォーム版」

 

楽天ひかりが独自で行っているオプションサービスは少ないです。

しかし今人気の高い「ひかり電話」、「ひかりTV」等をご利用になりたい方は、問題なく加入することができます。
楽天ひかりは光コラボ事業者でNTTの光回線を利用していますので、ひかり電話は直接NTT東日本/西日本へ、ひかりTVはNTTぷららへお申し込みができるからです。

 

楽天ひかりはNTTの提供しているサービスがオプションとして利用可能

楽天ひかりは光コラボレーション事業者にあたることで、独自で行っているオプションサービス以外に、ひかり電話、ひかりTV等、NTT東日本/西日本が提供する各サービスをオプションとしてお申し込むことが可能です。

【楽天ひかりが加入できるNTTのサービス一覧】

サービス名 料金 サービス内容
ひかり電話 基本料金:500円/月
新規加入初期費用:1,000円
既存電話番号継続費用:3,000円
固定電話と光回線をつなげたIP電話サービス。
既存番号を変えずに、月額基本料金と通話料金が大幅に下げることができます。
固定電話をお持ちの方に大変おすすめします。
フレッツ・テレビ 660円/月(CS料金込み)
初期費用:25,600円
自宅のテレビに光回線をつなげることで、地デジ/BS/CSが見れます。TV電波の環境が悪いところやTVアンテナ設置したくない方におすすめします。
ひかりTV チューナーレンタル:500円/月

【各プラン】
基本放送プラン:1000円/月

ビデオざんまいプラン:2500円/月
テレビおすすめプラン:2,500円/月
お値打ちプラン:3,500円/月

自宅のテレビに光回線をつなげることで、地デジ・BS放送や80ch以上の専門チャンネルと約105,000本のビデオオンデマンドが楽しめるサービス。
24時間出張
修理オプション
戸建て:3,000円/月
マンション:2,000円/月
万が一の回線トラブル時、保守対応時間を24時間365日にするサービス。
夜間~早朝にも故障受付をしてほしい方や、日中帯に修理作業への立会いなどができない方におすすめします。

 

 

楽天ひかりをおすすめする方

楽天ひかりをおすすめする方

【楽天ひかりをおすすめする方】

  • 現在NTTの光回線(フレッツ光)をご利用の方
  • 既にNTTの光回線(フレッツ光)が宅内まできている方
  • 信頼あるNTT光回線を格安でご利用になりたいと考えている方

月額料金は格安な上に楽天スーパーポイントが毎月200ptも貯まることから、お得感がかなりあります。

楽天スーパーポイントが毎月もらえる格安光回線の「楽天ひかり」
お得なキャンペーンサイトはこちら↓

【楽天ひかりをおすすめできない方】

  • オンライン対戦ゲームや映像配信サービスをよく利用する高速光回線が必須の方
  • docomo、au、SoftBank のスマホをご利用で、セット割りによって月額料金が大きく下がることが見込める方
    各キャリアとプランによりスマホ1台につき、100円~最大2,000円/月の割引きがあります。

3大キャリア(docomo、au、SoftBank)のスマホをお持ちの方は下記のサイトでご確認いただき、楽天ひかりにメリットがあるか比較してみてください。

多くのお申し込みサイトの中で、キャンペーンが充実しており信頼できるお申し込みサイトをピックアップしてみました。

ご利用中の
キャリア
光回線
(プロバイダー)
【スマホ割】
月額の割引
月額料金
(戸建て)
キャッシュバック 提供会社
docomo ドコモ光 100円~800円 5,200円 15,000円 GMOインターネット株式会社
au auひかり 934円~2,000円 5,000円 43,000円 株式会社アウンカンパニー
SoftBank SoftBank光 540円~1,080円 5,200円 30,000円 株式会社NEXT

 

 

楽天ひかりについてもっと知りたい!

楽天ひかりについてもっと知りたい!

楽天ひかりの光コラボって何だろう?

現在フレッツ光をお使いの方は、光コラボへ移行することで月額料金が下がることから、そのご提案をよく受けているかと思います。そして楽天ひかりは光コラボです。

そこで光コラボについて解説します。
光コラボは光コラボレーションの略語です。NTT東日本/西日本は全国に光回線網を展開していますが、2015年まで「フレッツ光」という光回線名で積極的に販売していました。

しかし会社の方針転換で、この光回線の販売を個人から電気通信事業者に卸売りすることをなりました。

ここで登場したのが光コラボです。光コラボは「NTTの光回線」と電気通信事業者が運営する「プロバイダー」がセットになったサービスです。そして利用者の窓口はこの電気通信事業者一本になります。今まで「NTTの光回線(フレッツ光)」と「プロバイダー」は別々の契約が必要でしたが、光コラボでは一ヵ所で済むわけです。

光コラボの説明

 

楽天ひかりは2015年12月からスタートした光コラボの光回線サービスです。光回線は信頼の高いフレッツ光と全く同じサービスです。

現在NTT東日本/西日本のフレッツをご利用の多くの方は月額料金がかなり下がる光コラボへの転用手続きをおすすめします。光コラボや転用について詳しくは下記をご確認ください。

転用とは

転用とはフレッツ光から光コラボのサービスに乗り換えることを言います。そして多くの方は転用することによって月額料金が下がることから、フレッツ光のご契約されている方は一度ご検討することをおすすめします。楽天ひかりは格安なことから転用することで月額料金が大幅に下がる可能性が高いです。

楽天ひかりへの転用手続きはとてもシンプルで工事も伴いません。初期費用は手続きの1,800円のみです。光コラボへ転用することで「NTTのお客様ID」や「ひかり電話番号」が変わることはありません。

転用手続きの流れは下記になります。

  1. フレッツ光(NTT東日本/西日本)へ転用承認番号を申請し受け取る
    NTT東日本 https://flets.com/tenyou/ 0120-140-202
    NTT西日本 http://flets-w.com/collabo/ 0120-533-104
  2. 楽天ひかりへ申し込む
  3. 現在ご利用中のプロバイダーを解約

楽天ひかりの運営会社ってどんな会社?

楽天ひかりの運営会社は2019年6月までは「楽天コミュニケーションズ株式会社」で、7月以降は「楽天モバイル株式会社」になりました。
共に楽天株式会社の100%子会社になり、楽天グループの電気通信事業を担っている会社です。

楽天コミュニケーションズ株式会社会社概要

会社名称 楽天コミュニケーションズ株式会社
Rakuten Communications Corp.
設立 2000年3月13日
代表者 代表取締役会長兼社長 平井 康文
本社所在地 〒158-0094
東京都世田谷区玉川一丁目14番1号 楽天クリムゾンハウス
資本金 20億円
売上高 226億75百万円(2010年度通期 楽天株式会社決算短信より)
従業員数 170人
主な事業内容 IP電話、中継電話などの電話サービス
インターネット接続サービス
旧会社名 フュージョン・コミュニケーションズ株式会社

楽天コミュニケーションズ株式会社会社の歴史

2000年03月13日 日商エレクトロニクスと古河電気工業が中心に「フュージョン・コミュニケーションズ株式会社」として設立
2003年**月**日 パワードコムからの出資を受け同社の傘下
2005年12月31日 パワードコムとKDDIの合併に伴い、親会社が東京電力へ移行
2007年06月19日 楽天が東京電力の持つフュージョン社株式を取得することを発表
2009年04月15日 ウィルコムMVNOでPHS事業に参入。法人向け固定回線とのFMCサービス「楽天モバイル for Business」の提供を開始
2012年10月04日 データ通信の高速化に対応するため、丸紅無線通信と共同で、NTTドコモのXi(LTE)とFOMAのMVNOサービスである、楽天ブロードバンドLTEの提供を開始
2014年01月01日 三洋電機系の三洋ITソリューションズ株式会社からインターネット接続サービスプロバイダ事業として「SANNET」の事業譲渡
2015年12月01日 商号を「フュージョン・コミュニケーションズ株式会社」から「楽天コミュニケーションズ株式会社」に変更
2015年12月01日 光コラボレーション(光コラボ)のサービスを開始
2019年7月1日 楽天グループの再編に伴い、楽天ひかりのサービスは楽天モバイル株式会社へ

楽天コミュニケーションズ株式会社はもともとフュージョン・コミュニケーションズ株式会社で2007年に楽天グループになったことがわかります。

楽天ひかりは現在3つのプロバイダー(①楽天ブロードバンドプレミアム、②楽天ブロードバンド、③SUNNET)を運営しています。その内「SUNNET」は2014年から楽天グループに入りました。

楽天モバイル株式会社は、新たな携帯電話事業開始のために出来た会社です。そして楽天ひかりのサービスは楽天モバイル株式会社が2019年7月1日から運営しはじめました。