【楽天ひかり】vs【ドコモ光】人気の光コラボ同士で比較!

楽天ひかりとドコモ光は、共にNTT東日本/西日本の光回線を借り独自のプロバイダーとセットにして運営している光コラボレーションサービスです。

楽天ひかりは月額料金が格安な上に、楽天市場で楽天スーパーポイントが「+1倍」になることことで、最近人気の光回線サービスです。

ドコモ光は、docomoスマホユーザーにはセット割りが唯一適用される光回線で、トータル月額通信料金を下げたいdocomoユーザーに人気の高い光回線サービスです。

そこで共に人気の高い「楽天ひかり」と「ドコモ光」の光コラボ同士で比較をしてみましたので解説します。

【楽天ひかり】vs【ドコモ光】の料金比較

【楽天ひかり】vs【ドコモ光】の料金比較
新規お申し込み 楽天ひかり ドコモ光
戸建て マンション 戸建て マンション
光回線 NTT東日本/西日本の光回線
契約期間 3年 2年
初期費用 事務手数料 800円 3,000円
工事費(※1) 19,800円 16,500円 18,000円 15,000円
月額料金(プロバイダー料込) 4,800円 3,800円 5,200円 4,000円
キャッシュバックキャンペーン 現在行っていない 5,500円
~20,000円(※2)
その他キャンペーン
  • 月額料金が1年間2,000円割り引き
    (戸建て2,800円/マンション1,800円)
  • スマホ(楽天モバイル)と両方のお申し込みで、両方とも1年間無料
工事費無料キャンペーン
実施中
その他特典 楽天スーパーポイントアップ対象
楽天市場のお買い物が「+1倍」
新規契約時dポイント 2,000ptプレゼント
スマホ割
(月額料金の割引額)
通常はなし

但し上記のキャンペーン時のみ1年間無料

ドコモ光セット割り
(プランから一部抜粋)
ギガホ:1,000円
ギガライト:0円~1,000円
ウルトラシェアパック100:3,500円
ウルトラシェアパック50:2,900円
ウルトラシェアパック30:2,500円
ベーシックシェアパック:800円~1,800円
ウルトラデータLLパック:1,600円
ウルトラデータLパック:1,400円
ベーシックパック:100円~800円金額詳細はこちら
解約時の解約違約金  9,500円  13,000円 8,000円

※1 工事費:人員派遣を伴う標準工事費用。派遣なしの場合はこれより安い。
楽天ひかり、ドコモ光とも実質工事費無料キャンペーンは、時期によって実施しています。

※2 オプション加入でキャッシュバック金額が変わります。「ひかりTV」等へお申し込みの場合は、最大20,000円のキャッシュバックとなります。

楽天ひかりとドコモ光の料金比較についてのまとめ

ドコモ光の「ドコモ光セット割り」を適用しなかった場合

2年間のお支払額総額
=初期費用(事務手数料+工事費)+月額料金×24ヶ月-キャッシュバック金額

楽天ひかり ドコモ光
戸建て マンション 戸建て マンション
通常

現在のキャンペーン内容考慮

111,800円 84,500円 102,800円~
117,300円
74,000円~
88,500円
楽天モバイルと同時加入の場合
(参考情報として)
78,200円 62,900円    

楽天ひかりのキャンペーン内容は、時期によってかなり変わります。
ドコモ光はほぼ通年で同様のキャンペーンを実施しています。

ドコモ光セット割りを適用しなかった場合、キャンペーン内容によって両サービスの総お支払額は、大きく変わります。
多くの時期で楽天ひかりの方が格安なことが多いです。

ドコモ光セット割りを適用した場合

docomoの利用プランによります。多くの方は楽天ひかりより月額料金が安くなる可能性が高くなります。

 

【楽天ひかり】vs【ドコモ光】のサービス内容で比較

【楽天ひかり】vs【ドコモ光】のサービス内容で比較

【楽天ひかり】vs【ドコモ光】の回線速度とプロバイダーで比較

楽天ひかり ドコモ光
IPv6対応 2020年6月から対応 対応(v6プラス)
プロバイダー
  • 楽天ブロードバンド
 

  • ドコモnet
  • plala
  • So-net
  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE等

24のプロバイダーから選択可能

対応プロバイダー一覧

楽天ひかりとドコモ光の回線速度の比較まとめ

最近NTT東日本/西日本の光回線(フレッツ光)は、混雑が原因で遅いとの一部評判があります。

そして楽天ひかりとドコモ光は共にNTT東日本/西日本の光回線(フレッツ光)を借りて運営している光コラボレーション事業者であることから、回線速度は少々心配です。

 

しかし楽天ひかりとドコモ光は次世代通信技術のIPv6(v6プラス)に対応していることで、高速通信が期待できます。

 

楽天ひかりとドコモ光のプロバイダーで考察

光コラボは一般的にプロバイダーは決められておりますが、ドコモ光は複数のプロバイダーから選択する形態です。

ドコモ光は24ヶのプロバイダーから選択可能で対応プロバイダー毎でキャンペーン内容が若干かわります。(対応プロバイダー一覧はこちら

2020年12月現在、ドコモ光を候補にあげる方は「GMOとくとくBB」のキャンペーン内容が最も充実していることから、GMOとくとくBBをおすすめします。

【楽天ひかり】vs【ドコモ光】のオプションサービスで比較

楽天ひかり及びドコモ光は提供会社が複数あることから条件の良いところをピックアップし比較してみました。

主なサービス
対応状況・月額費用
楽天ひかり ドコモ光
プロバイダー 楽天ブロードバンド GMOとくとくBB
提供会社 楽天モバイル株式会社 GMOインターネット株式会社
リモートサービス パソコンや周辺機器のお悩みについて365日いつでも相談できるサービス。ご自分のパソコンは、専用オペレーターが遠隔操作し解決します。 【初回無料】
2,000円/回
500円/月
訪問サポートサービス パソコンに関するあらゆる疑問やトラブルに対し自宅までお伺いして対応してくれるサービス 【60日間1回無料】
その後7,000円~/回
(外注対応)
セキュリティサービス ウイルス対策用ソフトを提供してくれるサービス 【12ヶ月間無料】
ソースネクスト社の「スーパーセキュリティ マルチプラットフォーム版」
350円/月
12ヶ月間無料でマカフィーインターネットセキュリティを提供。
13ヶ月以降 500円/月
ひかりTV アンテナ不要で地デジ・BSが視聴できるサービス。スカパーやCSにも別途有料で対応。電波障害を受けやすい場所にお住まいの方には朗報です。 直接受付はしない
直接NTTで加入可能
1000円~
ひかりTV for docomo
750円~
ひかり電話 NTTの固定電話をお使いの方は、電話番号を変えずにこちらに切り替えることで、月額基本料金や通話料金を大幅に下げることができます。 直接受付はしない
直接NTTで加入可能
基本料金500円
(通話料別途)
NTTのサービスを直接受付
500円
無線LANルーター
レンタル
宅内のWiFi無線ルーターがレンタルできるサービス。パソコンはもちろん、スマホやタブレットなど家中でどこでも使える環境にすることができます。 以前は対応していましたが、現在は行っていません。 無料
IPv6接続 混雑している「PPPoE」のネットワークを回避して、通信速度や安定性が大幅に向上させた次世代サービス。

【楽天ひかり】vs【ドコモ光】のオプションサービスで比較のまとめ

楽天ひかりのオプション数はドコモ光と比較すると少な目です。
ひかり電話、ひかりTVは利用可能ですが、直接受付はしていません。提供する窓口(NTT)の案内のみです。

ドコモ光は、1年間著名なウイルス対策ソフト「マカフィー」が無料、無線LANルーターのレンタルがずっと無料の特典があります。

よってオプションサービスにおいては楽天ひかりよりドコモ光に軍配が上がります。

【楽天ひかり】vs【ドコモ光】比較まとめ

いかがだったでしょうか。
楽天ひかりとドコモ光にはそれぞれ特徴がありますが、両サービスとも次世代通信技術のIPv6接続に対応していることで、安定した高速光回線サービスです。

そして両サービスとも価格が抑えられており、おすすめできる光回線サービスになります。

【楽天ひかりをおすすめする方】

  • 月額料金を少しでも下げたい方
  • 楽天スーパーポイントを沢山貯めたい方
  • 楽天モバイルも利用したいと考えている方

【ドコモ光をおすすめする方】

  • docomoユーザーの方(スマホ割で楽天ひかりより安くなる可能性がある)
  • ご自身にあったプロバイダーを選択したい方(24ヶのプロバイダーから選択可能)
  • 宅内まで回線がきていない方(回線工事が無料)

 

【楽天ひかりのお申し込み先】

楽天ひかりの公式ページ
お得なキャンペーンサイトはこちら↓

 

【ドコモ光のお申し込み先】


キャンペーンが充実している「GMOとくとくBB」が指定されている
お得なお申し込み先はこちら↓


 

【楽天ひかり】⇔【ドコモ光】 乗り換え方法

【楽天ひかり】⇔【ドコモ光】 乗り換え方法

それでは、ここから現在「楽天ひかり」を利用している人、又は「ドコモ光」を利用している人への乗り換え方法について解説します。

それぞれのご自身の環境によって、どちらの光回線サービスの方が、良いかは変わるかと思います。

よって「楽天ひかり ⇒ ドコモ光」、「ドコモ光 ⇒ 楽天ひかり」のそれぞれの乗り換え方法はほぼ一緒ですので、まとめて解説します。

一般にNTTの光回線を利用して運営している楽天ひかりやドコモ光のような光コラボ事業者間の乗り換えは、以下の通りとなります。

  1. 事業者変更の手続きで必要な「事業者変更承諾番号」を取得
  2. 乗り換え先の光コラボに申し込む

 

「事業者変更承諾番号」の取得方法

現在利用している光コラボ事業者に「事業者変更承諾番号」の発行手続き行います。

事業者変更事務手数料 3,000円(税抜)
事前に必要な情報
  • 回線ID(お客さまID/CAF番号) ※NTT西日本の提供エリアにお住まいの場合のみ必要
  • ご契約者名

この事業者変更承諾番号の有効期限は、15日間となります。
お申し込みする次の光コラボ事業者に、有効期間内にお申し込みしないと、この「事業者変更承諾番号」は無効になりますので注意が必要です。

 

楽天ひかりの「事業者変更承諾番号」受付先

楽天ひかりの「事業者変更承諾番号」の発行手続きは、【楽天ブロードバンドカスタマーセンター】に電話で申し込みします。
インターネットやマイページからは、受け付けていません。

  • 電話番号:0800-600-0222
  • 受付時間:9:00~18:00
  • 受付日:年末年始を除き、年中無休

 

ドコモ光の「事業者変更承諾番号」受付先

ドコモ光の「事業者変更承諾番号」の発行手続きは、【ドコモショップ】または【ドコモ インフォメーションセンター】で申し込みます。

【ドコモ インフォメーションセンター】

  • 電話番号:0120-800-000 ドコモ携帯電話からは、(局番なし)151
  • 受付時間:9:00~20:00
  • 受付日:年中無休

 

乗り換え先の光コラボに申し込む

現在ご利用中の光回線サービスから「事業者変更承諾番号」を取得できましたら、乗り換え先の光コラボへ申し込みします。

乗り換え先
光回線サービス
お申し込み先 備考
楽天ひかり 楽天ひかりの公式ページ 楽天ひかりは2020年5月より、代理店での受け付けは終了しました。
よって公式ページからお申し込み下さい
ドコモ光 ドコモ光の正規代理店
GMOインターネット株式会社
ドコモ光は多くの代理店があります。そしてここが一番キャンペーン内容は充実しています。