【BBIQ】に対応している『WiFiルーター』とは

【BBIQ】に対応している『WiFiルーター』とは
BBIQ(ビビック)は九州地方のインターネット光回線サービスです。
九州にお住まいの方は、広告やCM等で馴染みのあるよく聞き慣れているBBIQですので、インターネット光回線をご検討する際は、多くの方がまず候補に挙げるかと思います。
そしてBBIQをご契約時には、WiFi接続をしたいとお考えになられている方も多くいらっしゃいます。
そこでBBIQ光インターネットでWiFi接続するために必要なWiFiルーターの選び方について解説します。

BBIQのWiFiルーターはレンタルと購入のどちらがお得?

BBIQのWiFiルーターはレンタルと購入のどちらがお得?

BBIQをWiFi環境でご利用になりたい場合は、下記のどちらかの方法でWiFiルーターをご用意する必要があります。

調達方法 料金 備考
1、市販で購入 約2,000円~20,000円 WiFiルーターの機能と性能によって料金に違いがある
2、BBIQからレンタル 500円/月 光電話機能も付属される

BBIQからレンタルする場合は、光電話機能も一緒についてきます。よって光電話をお申し込みされる方は、必然的に「BBIQからレンタル」の選択になります。

BBIQのレンタル品のWiFiルーターは、性能表から確認しますと、市販では5,000円程度のものと同等になります。
よってWiFiルーターを購入した場合、BBIQでレンタルする場合の10ヶ月間程の料金となりますので、一般的には割安です。

料金面だけで考えた場合、市販で購入した方がお得ですが、ルーター設定の際のサポートはBBIQで原則対応しないことから、初心者の方で安心を求める方はレンタルの選択でもよいでしょう。

しかし一つのルーターで複数の部屋をWiFi環境に対応する場合、BBIQのレンタル品では力不足です。WiFi電波が遠くまで届くタイプのWiFiルーターを市販で購入されることをおすすめします。

よって判断基準は下記のようになります。

【BBIQからWiFiルーターをレンタルする方】

  • BBIQ光電話をご契約される方
  • WiFiルーターの設定が不安の方やサポートを必要とされる方

【WiFiルーターを市販で購入する方】

  • 出来るだけ安くご利用になりたい方
  • 複数の部屋を一台のWiFiルーターで対応したい方




BBIQをご契約に伴いWiFiルーターを購入する際の選び方

BBIQをご契約に伴いWiFiルーターを購入する際の選び方

BBIQのご契約に伴いWiFiルーターを購入する時の選び方について解説します。
BBIQだからといって特別な選択があるわけではありません。一般のWiFiルーターでよいのですが、数多くのWiFiルーターがあることから選択に迷われるかと思いますので、ポイントをご説明します。

【WiFiルーター選択の2つのポイント】

  • 無線通信の伝送効率(WiFiの回線速度)
  • WiFiの電波の届く範囲

無線通信の伝送効率(WiFiの回線速度)

無線通信の伝送効率は、大きく5つの規格があります。
内、最新の超高速通信規格「11ac」に対応されていることが望ましいです。「11ac」の規格は従来規格の「11n」と比べ11.5倍の高速化を実現しているものです。

規格
(IEEE802.)
周波数帯 最大通信速度 特徴
11a 5GHz 54Mbps ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・障害物に弱い
11b 2.4GHz 11Mbps ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けやすい
・障害物に強い
11g 2.4GHz 54Mbps
11n 2.4GHz 600Mbps
5GHz ・電子レンジなどの家電製品やBluetoothの電波干渉を受けにくい
・障害物に弱い
11ac 5GHz 6.9Gbps

周波数帯は「2.4GHz」と「5GHz」がありますが、特徴をご理解されていると選択も迷うことがなくなるかと思います。

周波数帯 特徴
2.4GHz 対応機器が多いため、ほとんどのWi-Fi機器を接続可能。また、障害物に強いので、壁や扉越しでも電波が届きやすく、Wi-Fiが途切れない。しかし、同じ周波数帯を使用する機器が多いため、5GHz帯に比べて、速度が遅くなる場合がある。
5GHz 対応機器が少ないため電波干渉が少なく安定した通 信が可能。また、通信速度が速いので、動画の再生や大きいファイルの転送も快適。しかし、障害物に弱いため、壁や家具などで電波が遮られると2.4GHz帯に比べて、つながりにくい場合がある。

周波数が「5GHz」は高速ですが障害物に弱いことから、部屋間のWiFi電波が極端に弱くなることも想定されます。

【選択すべき理想の無線の規格は・・】
無線規格が超高速の「11ac」と障害物に強い「11n」の両方に対応している無線ルーター

ルーターによってWiFi電波の届く範囲が違う

家の間取りによっては1台の無線ルーターを家全体でご利用になるには、複数のアンテナ付きで電波の強力なものを選択する必要があります。

【強力なWiFi電波が必要な方は・・】
各メーカーの高性能ハイエンドモデルの中に「ビームフォーミング機能」や感度の良いアンテナが搭載されているモデルから選択

BBIQをご契約の際におすすめするWiFiルーター

カタログや性能表で商品を比較することが苦手な方に、最近発売されたおすすめのWiFiルーターをご紹介します。

【普及機】WiFiルーター 【高性能機】WiFiルーター
一般の方はこちらで十分な性能 WiFi電波が広範囲で複数の部屋対応

NEC 11ac対応 867+300Mbps 無線LANルータ(親機単体) PA-WG1200HS3

NEC Aterm WG2600HS PA-WG2600HS