OCNの特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!

OCNの特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!
OCNの特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!
OCNは、NTTコミュニケーションズ株式会社が運営しているプロバイダーです。
インターネットが普及し始める1996年にプロバイダー事業を開始しました。
OCNはNTTが運営しているということもあり、多くのプロバイダーの中で一番の会員数になっています。
OCNはNTT東日本/西日本が運営する「フレッツ光」のプロバイダーの一つになっていますが、それ以外で、「ドコモ光」からも選択ができます。
また光コラボでは、「OCN光」というNTTの光回線とOCNがセットになったサービスもあります。
それでは、OCNの特徴やサービス、気になる料金や評判を詳しく紹介していきます。

OCNの特徴

OCNの特徴

OCNは最大手で人気のプロバイダー

インターネットプロバイダーは日本全国に100ヶ以上のサービスがありますが、その中でOCNは最大規模のプロバイダーになります。
NTT東日本/西日本が運営している光回線「フレッツ光」は、国内で最大のエリアをカバーしている光回線ですが、お申し込み時は多くのプロバイダーがある中、OCNが一番の人気です。

NTT関連のNTTコミュニケーションズ株式会社が運営していることで、その安心感で人気が高くなっているようです。

またOCNを運営しているNTTコミュニケーションズ株式会社は、NTT東日本/西日本が運営している光回線を借りて独自に「OCN光」というサービスも展開しています。これを光コラボといいます。

OCN forドコモ光でdocomoのスマホ料金が安くなる

ドコモ光は株式会社NTTドコモが運営している光コラボです。
光コラボは、NTT東日本/西日本の光回線を借りて独自のプロバイダーとセットにしているサービスですが、このドコモ光でプロバイダーはOCNが選択できてしまいます。

ドコモ光の最大のメリットは、docomoユーザーにとって毎月の月額料金の割引きがあるということです。おまけに、フレッツ光より月額料金は安いことです。

現在、【光回線】:フレッツ光、【プロバイダー】:OCN の場合の方

フレッツ光でOCNを選択している方は、「OCN光」又は「OCN for ドコモ光」と全く同じサービスになります。
現在フレッツ光でご契約されている場合は、「OCN光」か「OCN for ドコモ光」に乗り換え(転用といいます)ることで、月額料金が下がり対応窓口が一本になるというメリットがあります。
是非この機会にご検討してみてください。

OCN光2段階定額で利用料金をオトクにできる

インターネットの月額の基本料金は、基本的に一定額です。つまり、1ヶ月まったく使わなかった場合も毎日のように使った場合でも、どちらも一定額です。

そこでインターネット使用頻度が低い方は、OCN光の2段階定額がおすすめです。
OCN光の2段階定額は、1ヶ月のデータ使用量が3GBまで月額料金は一律です。そこから10GBまでは、100MBあたり24円加算されます。

「OCNモバイルONE」でOCN光をオトクに使える

「OCNモバイルONE」は、NTTドコモの回線を使用した、いわゆる格安SIMです。
格安SIMは多くの業者で提供していますが、NTTの安心感を得たいなら、OCNモバイルONEをおすすめします。
そしてOCNモバイルONEとOCN光を同時に利用する場合、月額200円の割引きが適用されます。

OCNの料金

OCNの料金

フレッツ光でOCNを選択する場合

NTT東日本でプロバイダーはOCNを選択する場合

戸建て
(ギガファミリースマートタイプ)
マンション
(ギガマンションスマートタイプ)
初期費用 事務手数料 800円 800円
標準工事費用
(派遣工事の場合)
18,000円 15,000円
月額料金(2年契約)
回線費用 4,700円 3,050円
プロバイダー(OCN)費用 1,100円 900円
5,800円 3,950円

NTT西日本でプロバイダーはOCNを選択する場合

戸建て
(ファミリースーパーハイスピードタイプ)
マンション
(マンションスーパーハイスピードタイプ)
初期費用 事務手数料 800円 800円
標準工事費用
(派遣工事の場合)
18,000円 15,000円
月額料金(2年契約)
回線費用 4,300円 2,850円~3,950円
プロバイダー(OCN)費用 1,100円 900円
5,400円 3,750円~4,850円

OCN光の場合

戸建て
(ファミリータイプ)
マンション
マンションタイプ)
初期費用 事務手数料 3,000円 3,000円
標準工事費用
(派遣工事の場合)
18,000円 15,000円
月額料金(2年契約) 5,100円 3,600円

ドコモ光でOCNを選択する場合

戸建て
(ファミリータイプ)
マンション
マンションタイプ)
初期費用 事務手数料 3,000円 3,000円
標準工事費用
(派遣工事の場合)
18,000円 15,000円
月額料金(2年契約) 5,400円 4,200円

docomoユーザーには「ドコモ光セット割」が適用されます。割引きはスマホの月額料金からになります。
そしてdocomoのプランによって割引きされる金額に違いがあります。ドコモ光セット割は、離れた家族も全員対象になりますので、トータルでは思いがけない割引き額になる可能性もあります。

【ドコモ光セット割】の割引き額・・スマホの月額料金の割引額

プラン 割引額 備考
「ギガホ」、「ギガライト」 500円~1,000円 ギガライト1Gは対象外
離れた家族も全員対象が対象
「カケホーダイ&パケあえる」 100円~3,500円



OCNの評判

OCNの評判

OCNの評判を価格.comでの評判を確認しますと、回線速度は5点満点中、3.05点と平均点より上。(集計期間:2017年 2月25日~2018年 2月24日 投稿数:39件)

【OCNの実際の評価】

  • 「データ転送量は他社より高く理論値に近い数値が出ます、時間帯を問わず安定しています。Pingも中部から東京まで2m/sでこれも時間帯問わず安定しています。」
  • 「速いと思います。」
  • 「通常の使用で違和感を覚えるほど遅いと感じたことはありません。」

といい評判である一方、

  • 「朝、昼、夕方までは安定しているが20時から深夜は使い物にならない。」
  • 「そう早いとも思えない。」
  • 「昼間は早いのですが夕方からとても遅くなります。他のサイトも見てみたのですが午後7時以降は0.5Mbps~3Mbps程度が普通みたいです。」

という意見もあります。

回線速度が遅いというような評価は、OCNに原因があるとは限りません。

  • 地域
  • 回線環境
  • 使っているPCやスマホのスペック
  • 接続時間帯

にも影響されます。

OCNは超高速通信が可能な次世代通信技術のIPv6接続に対応しています。
このIPv6接続の場合は、非常に回線速度が速く安定していることから、OCNで遅いと思われている方は、接続方式を変えることで解決できるかと思います。

OCNのまとめ

OCNのまとめ

いかがでしたでしょうか?OCNをおすすめする方としては、

  • NTTという安心感を得たい方
  • 格安SIM(OCNモバイルONE)とセットでお申し込みしたい方
  • 引っ越しが多い方でプロバイダーを変更したくない方

このような方におすすめです。

キャンペーンは、時期により変わることがあります。そのため最新の情報を確認して、OCNをご検討ください。