【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】格安光コラボでガチ比較!

楽天ひかりとソフトバンク光は、共にNTT東日本/西日本の光回線を借り独自のプロバイダーとセットにして運営している光コラボレーションサービスです。

楽天ひかりは月額料金が格安な上に楽天市場で楽天スーパーポイントが「+1倍」になることことで、最近人気の光回線サービスです。

ソフトバンク光は、SoftBankスマホユーザーにはセット割りが適用される光回線で、トータルの月額通信料金を下げたいSoftBankユーザーには、大変人気の高い光回線サービスです。

そこで共に人気の高い「楽天ひかり」と「ソフトバンク光」の光コラボ同士で比較をしてみましたので解説します。

【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】の料金比較

【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】の料金比較
新規お申し込み 楽天ひかり ソフトバンク光
戸建て マンション 戸建て マンション
光回線 NTT東日本/西日本の光回線
プロバイダー 楽天ブロードバンド
Yahoo! BB
契約期間 3年 2年
初期費用 事務手数料 800円 3,000円
工事費(※1) 19,800円 16,500円 24,000円 24,000円
月額料金
(プロバイダー料込)
4,800円 3,800円 5,200円 3800円
キャッシュバック
キャンペーン
現在行っていない 33,000円 
その他キャンペーン 楽天モバイルRakuten UN-LIMIT契約の場合1年間無料 工事費無料キャンペーン
実施中
スマホ割
(月額料金の割引額)
なし おうち割 光セット(※2)【スマ放題/スマ放題ライト】

データ定額(5G~50G)   ▲1000円
データ定額(5G~50G)以外 ▲500円

【パケット・データし放題or定額】

プランにより▲500円~▲1,000円

おうち割光セット割引き金額詳細はこちら

解約時の解約違約金  9,500円  9,500円

※1 工事費:人員派遣を伴う標準工事費用。派遣なしの場合はこれより安い。
楽天ひかり、ソフトバンク光とも、工事費無料キャンペーンは、時期によって実施しています。

※2 おうち割 光セット:スマホのSoftBankユーザーが適用されるスマホ割りのことです。おうち割 光セットは、家族全員がそれぞれ適用対象になります。

楽天ひかりとソフトバンク光の料金比較についてのまとめ

【ソフトバンク光の「おうち割光セット」を適用しなかった場合】

2年間のお支払い総額の合計
=初期費用(事務手数料+工事費)+月額料金×24ヶ月-キャッシュバック金額

楽天ひかり ソフトバンク光 
戸建て マンション 戸建て マンション
通常
(キャンペーンあり)
135,800円 108,500円 94,800円
61,200円
楽天モバイルと同時加入の場合 78,200円 62,900円

楽天ひかりは楽天モバイルとの同時加入の場合、戸建てプランにおいてはソフトバンク光よりかなりお安くなります。
但しマンションプランにおいては、楽天ひかりよりソフトバンク光の方がお安くなります。

 

【ソフトバンク光のおうち割 光セットを適用した場合】

ソフトバンク光は、おうち割 光セットを適用した場合でも、楽天ひかりと楽天モバイルの同時加入した場合、戸建てにおいて楽天ひかりの実質月額料金はお安くなるケースが多そうです。(SoftBankの電話の家族利用者数で変化あり)

【ソフトバンク光の「おうち割 光セット」を適用条件】
ソフトバンク光の「おうち割 光セット」を適用するには、少々複雑な条件がありました。
ソフトバンク光のオプション「光BBユニット」、「Wi-Fiマルチパック/Wi-Fi地デジパック」のいずれか、および「ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォン」のいずれかに加入すること。

ソフトバンク光のオプション 概要 月額料金
光BBユニット BBフォン/Wi-Fiマルチパック/光電話機能/ひかり電話機能をご利用になる際必要となるブロードバンドルータのレンタルサービス 457円
Wi-Fiマルチパック 配線が不要で、家中どこからでもノート型パソコンやスマートフォン、家庭用ゲーム機、携帯用ゲーム機などで自由にインターネットが楽しめる機能。また、複数の端末から同時に無線アクセスが可能 990円
Wi-Fi地デジパック
(既に新規受付終了)
光BBユニットに地デジチューナーをつなげて地上デジタル放送を楽しむ機能。無線LANだから、家中色々な場所からテレビやネットにアクセスできる 467円
ホワイト光電話 おトクな固定電話サービス。今お使いの電話番号そのままで、緊急特番への通話も可能 467円~
光電話(N)+BBフォン 光ファイバーを使ったおトクな固定電話サービス。 500円
BBフォン おうちのでんわ・ホワイト光電話・BBフォンどうしなら通話料が無料!BBフォンはインターネット回線を活用したIP電話サービス。一般電話への通話料金も全国一律でとてもおトク、相手先との距離を気にせずゆっくり通話可能 467円

要は、ソフトバンク光のオプションとしてWiFiルーターレンタルとひかり電話の契約が条件ということになります。

 

【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】の回線速度を比較

【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】の回線速度を比較

【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】の回線速度で比較

楽天ひかり ソフトバンク光
光回線種別 NTTの光回線 NTTの光回線
回線速度 1Gbps 1Gbps
IPv6対応 2020年6月から対応 対応(IPv6 IPoE + IPv4)
プロバイダー 楽天ブロードバンド Yahoo!BB
その他   東京、大阪、名古屋の一部地域で回線速度が10Gbpsのサービス開始

楽天ひかりとソフトバンク光の回線速度の比較まとめ

最近NTT東日本/西日本の光回線(フレッツ光)は、混雑が原因で遅いとの一部評判があります。

そして楽天ひかりとソフトバンク光は共にNTT東日本/西日本の光回線(フレッツ光)を借りて運営していることから回線速度は、かなり心配です。

しかし楽天ひかりとソフトバンク光は共に、次世代通信技術のIPv6接続に対応していることで、高速通信が期待できます。

但しソフトバンク光のIPv6接続は、以前からサービス提供していたことで実績もあり評判も良いようですが、楽天ひかりのIPv6接続は、2020年6月からサービス開始したばかりで、まだ実績がほとんどなく、6月以降の評判は不明です。

 

 

【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】比較まとめ

【楽天ひかり】vs【ソフトバンク光】比較まとめ

いかがだったでしょうか。
楽天ひかりとソフトバンク光はそれぞれ特徴があります。

楽天ひかりは、月額料金設定が格安な上に楽天スーパーポイントも貯まることが魅力です。
そして楽天モバイルRakuten UN-LIMIT契約をした場合のみ、戸建てにおいては破格値です。

ソフトバンク光は、SoftBankユーザーにはセット割りがあり、IPv6接続の実績もあり、安定した高速回線を必須に考えている方には、最高の光回線サービスになります。
またSoftBankユーザーでなくても、実質月額料金はかなり格安です。

楽天ひかりとソフトバンク光は、月額料金やキャンペーンの違い等によってトータル料金時期によってに少々違いはありますが、両サービスは共に格安な光回線サービスです。

  • 楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)契約で戸建てにお住まいの方 ⇒ 楽天ひかり
  • マンションプランでお探しの方 ⇒ ソフトバンク光
  • SoftBankユーザー ⇒ ソフトバンク光
  • 回線速度重視の方 ⇒ ソフトバンク光(2020年6月から楽天ひかりもIPv6接続のサービス開始→実績がないためまだ評価はできない)

 

 

【ソフトバンク光のキャンペーンサイト】

キャッシュバックキャンペーンが最も充実している
お申し込み先サイトはこちらから↓

>>ソフトバンク光を申し込む<<