楽天ひかりに【3つのプロバイダーがある】

楽天ひかりに【3つのプロバイダーがある】
楽天ひかり(旧名称:楽天コミュニケーションズ光)は3つのプロバイダーを運営しています。
プロバイダーによってサービス内容は変わることから、楽天ひかりの3つのプロバイダーについて解説します。

楽天ひかりは3つのプロバイダーがある

楽天ひかりは3つのプロバイダーがある

楽天ひかりを運営している楽天モバイル株式会社には、3つのプロバイダーがあります。法人向けには「楽天ブロードバンドプレミアム」、個人向けには「楽天ブロードバンド」と「SUNNET」の2つです。

【楽天ひかりが運営している3つのプロバイダー】

プロバイダー 法人用
/個人用
光回線サービス名 備考
楽天ブロードバンドプレミアム 法人用 楽天ブロードバンド 当初から楽天コミュニケーションズ(株)が運営
楽天ブロードバンド 個人用
SUNNET 個人用 楽天ひかり(タイプS) 三洋電機系プロバイダーで2014年に事業譲渡で楽天グループのプロバイダーに

個人が楽天ひかりをお申し込みの場合は、2つのプロバイダー(「楽天ブロードバンド」か「SUNNET」)のどちらかになります。

但し2019年5月中旬から「SUNNET」の新規お申し込みは終了していますので、それ以降楽天ひかりへお申し込みした場合は「楽天ブロードバンド」になります。

この2つのプロバイダーの料金が変わることはありませんが特徴に違いがあります。

「楽天ブロードバンド」と「SUNNET」の決定的違い

「楽天ブロードバンド」と「SUNNET」の決定的違い

「楽天ブロードバンド」と「SUNNET」の運営は全く別々

楽天ひかりで個人用のプロバイダー「楽天ブロードバンド」と「SUNNET」は現在同じ会社のサービスであるにも関わらず、全く別々で運営されています。

それには理由があります。元々SUNNETは三洋電機系の会社でしたが、2014年に楽天ひかりに事業譲渡されたからです。そして現在でこの2つのプロバイダー(楽天ブロードバンドとSUNNET)の事業統合はできていません。

お互いコールセンターや技術サービス部門を独立で運営しております。そして通信設備がそれぞれ違います。また会員情報の共有も一切行っていません。

2つのプロバイダーには決定的違いが・・・】

プロバイダー名 決定的違い
楽天ブロードバンド ・メールアドレスが最大10ヶまで無料で持てる
・v6プラス対応していない
SUNNET ・メールアドレスは1ヶのみ
・v6プラスに対応している

 

【決定的違い】
SUNNETは次世代ネットワーク技術を利用した高速接続サービス「v6プラス」に対応していますが、楽天ブロードバンドは対応していないことです。

楽天ブロードバンドは、無料メールアドレスが多くメリットがありそうですが、最近メールアドレスはプロバイダーが提供しているものを使わない方が増えてきました。
それはGメールやYahooメール等、無料で操作性の高い電子メールサービスがあることで、プロバイダーが提供するメールサービスの必要性が薄れてきたからです。

よって楽天ブロードバンドのメールアドレス最大10ヶ無料より、SUNNETのv6プラスに対応している方が格段に大きな魅力です。

しかし残念なことに2019年5月で「SUNNET」の新規お申し込みは終了しました。

格安光回線は楽天ひかりがおすすめ!但し回線速度は普通

2019年5月までは、楽天ひかりでプロバイダーは「SUNNET」を選択できたことで、安定した超高速回線でとてもおすすめでした。

しかし現在、楽天ひかりへ新規お申し込みの場合、プロバイダーは「楽天ブロードバンド」になることでv6プラスに対応していません。

インターネットを新規でお申し込みする場合、下記のような選択になるかと思います。

  • 格安のNTTの光回線を導入したい。インターネットの利用目的はネットサーフィンが主の方
    ⇒楽天ひかりがおすすめ(回線速度は普通)
  • オンライン対戦ゲームや映像サービスの利用頻度の多い方
    ⇒IPv6(v6プラス) に対応している光回線がおすすめ(回線速度は超高速)

 

 

楽天スーパーポイントが毎月もらえる格安光回線の「楽天ひかり」
お得なキャンペーンサイトはこちら↓