楽天ひかりは【解約しづらい?】引っ越し前にチェックを!

現在、楽天ひかり(旧名称:楽天コミュニケーションズ光)をご利用になり、引っ越し等で解約したいという方もいらっしゃるかと思います。
そして一部で解約しづらいとの口コミや評判を目にしたことから、それは真実なのかを確認してみました。

確かに楽天ひかりの解約するには更新月以外解約違約金が発生します。
そこで楽天ひかりを解約するときのベストなタイミングや、更新月以外でも解約違約金を0円にする方法について解説します。

引っ越し等で楽天ひかりを解約する際の注意!

楽天ひかりを解約する際の注意!

インターネット回線へのお申し込みは、お申し込み時に最低利用期間が定められていることが一般的です。
契約期間は、通常2年間若しくは3年間ですが、楽天ひかりの場合3年間となります。そして最低利用期間より短い利用で解約した場合や、契約期間中に解約した場合は、解約違約金が発生します。

回線業者によって、最低利用期間と解約違約金はそれぞれ違いますので、引っ越し等、回線が不必要になることの予想がつかない方は、お申し込む前に注意が必要になるかと思います。

楽天ひかりの最低利用期間は、少々長く3年間ですが、解約するならば、無料で解約できる時期に行うことがベストです。

【楽天ひかりのベストな解約時期】

無料で解約できる時期は、契約満了の翌月1ヶ月間のみ

このタイミングで解約手続きをしない場合の契約は同期間で再度自動更新されます。契約期間の違約金は10,450円です。

楽天ひかりは解約しずらいっていう口コミや評判があります。
但し解約違約金の発生方法は多くの光回線業者も楽天ひかりと同様です。

【楽天ひかりは解約しづらい?の結論】

  • 解約違約金は、10,450円で、他の光回線サービスより比較的安く良心的
  • 無料解約できる時期は、契約満了の翌月で1ヶ月間で、他のサービスと遜色ない

よって他の光回線と遜色なく、解約しづらいというわけではありません

 

 

楽天ひかりの解約違約金を0円にする4つの方法

楽天ひかりの解約違約金を0円にする4つの方法

引っ越し等、楽天ひかりをやむを得ず解約する場合、解約違約金の出費は最小限にしたいものです。
ここでは解約違約金を支払わなくてすむ4つの方法をご紹介します。

楽天ひかりの解約違約金を支払わなくてすむ4つの方法
1、楽天ひかりの契約満了翌月の更新月に解約する
2、楽天ひかりを解約せず引っ越し先でも継続利用する
3、楽天ひかりから乗り換え特典のある他の光回線業者に変更する
4、キャッシュバックキャンペーンで解約金を無料にする

1、楽天ひかりの契約満了翌月の更新月に解約する

上記でご説明のとおり、楽天ひかりの場合は、契約期間満了月の翌月が解約無料の1ヶ月間となりますので、その更新月に解約します。

 

2、楽天ひかりを解約せずに引っ越し先でも継続利用する

楽天ひかりは、NTT東日本/西日本の光回線を借りて運用している光コラボです。

よって引っ越し先でNTT東日本/西日本の光回線がすでに導入されている環境であれば、事務手数料のみで、楽天ひかりは解約せず継続利用が可能となります。

また全国多くのエリアで、楽天ひかりは利用可能ですので、提供エリアを一度ご確認ください。

光回線が宅内まで入っていない場合は、移転工事費が必要になることもありますので事前にご確認ください。

 

3、楽天ひかりから乗り換え特典がある他の光回線業者に変更する

多くの光回線サービスでは、大変お得な乗り換えキャンペーンを実施しています。

このキャンペーンは、引っ越し先の新規でお申し込みする光回線サービスが、楽天ひかりを解約する際の解約違約金を全額負担をしてくれるような内容です。

このような光回線業者にお申し込みすることで、解約違約金の実質負担はなくなります。

また新規契約キャンペーンによって、新たにキャッシュバックがもらえたりもしますので、かえってお得になるケースもあります。

【乗り換えキャンペーンをよく行っているおすすめのお申し込みサイト】

光回線サービス名 負担金上限 サービスの特徴 提供会社
ソフトバンク光 100,000円 別途キャッシュバックがOP無で36,000円 株式会社NEXT
auひかり 30,000円 別途キャッシュバックがOP無で45,000円 株式会社NNコミュニケーションズ
eo光 50,000円  【関西地区限定】
別途キャッシュバックがOP無で10,000円
デジタルサポート合同会社
コミュファ光  違約金上限なし  【東海地区限定】
別途キャッシュバックがOP無で35,000円
株式会社NEXT

 

4、キャッシュバックキャンペーンで解約金を無料にする

光回線を新規にお申し込み先はいろいろな方法がありますが、ネットからお申し込みすることで、サイトによっては有料オプションを付けなくても高額なキャッシュバックを受けることができます。

よって楽天ひかりの解約違約金のお支払いは、高額なキャッシュバックを受け取ることで、実質負担が0円になります。

お申し込み先によって、キャッシュバックされる時期は早くて2ヶ月後で、遅ければ1年後となります。
キャッシュバック金額だけにとらわれず、キャッシュバックされる時期も重要なポイントになりますので、ご注意願います。

上記の「ソフトバンク光」、「auひかり」、「eo光」、「コミュファ光」のサイトは、最短納期のキャッシュバックされるお申し込み先のサイトでおすすめです。

その他最短納期のおすすめのサイトは下記になります。

【最短納期で高額キャッシュバックされるおすすめサイト】

光回線サービス名 OP無しのキャッシュバック金額 提供会社
So-net 光 プラス 45,000円 BIGUP株式会社
ビッグローブ光 27,000円 株式会社LBフォース

 

楽天ひかりの解約についてのまとめ

楽天ひかりの解約についてのまとめ

楽天ひかりの解約について、いかがだったでしょうか。
解約のポイントをまとめましたので、再確認をしてください。

【楽天ひかりは解約しづらい?の結論】

  • 解約違約金は、10,450円で、他の光回線サービスより比較的安く良心的
  • 無料解約できる時期は、契約満了の翌月で1ヶ月間で、他のサービスと遜色ない

よって他の光回線と遜色なく、解約しづらいというわけではありません

楽天ひかりの解約違約金を支払わなくてすむ4つの方法
1、楽天ひかりの契約満了翌月の更新月に解約する
2、楽天ひかりを解約せず引っ越し先でも継続利用する
3、楽天ひかりから乗り換え特典のある他の光回線業者に変更する
4、キャッシュバックキャンペーンで解約金を無料にする

>>2021年高速格安光回線<<
楽天ひかりが選ばれています!!

楽天ひかりが選ばれる理由

  • 月額料金は、戸建て 5,280円、マンション 4,180円 で格安!
  • 次世代通信技術のIPv6接続対応で安定した高速光回線
  • 楽天市場のお買い物が、いつでも楽天スーパーポイント+1倍
  • 最も利用エリアが広い光回線!

 

今だと、戸建て3,080円 マンション1,980円 の大型キャンペーン実施中
また楽天モバイルもお申し込みの方は、月額基本料
どちらも1年間無料