楽天ひかり【ひかり電話】とは?お申し込み方法について解説

楽天ひかり【ひかり電話】とは?お申し込み方法について解説
光回線へお申し込む際、オプションの「ひかり電話」へ加入したいという方は多くいらっしゃるかと思います。
そしてそのような方は楽天ひかり(旧名称:楽天コミュニケーションズ光)に「ひかり電話」のオプションがあるのか、とても気になるところです。
「心配はいりません!!」
楽天ひかりは、独自サービスでひかり電話をもっていません。しかし楽天ひかりは光コラボレーション事業者で、ひかり電話を利用することができますので、そのご説明をします。

楽天ひかりの「ひかり電話」はNTTのサービス

楽天ひかりの「ひかり電話」はNTTのサービス

楽天ひかりの光回線はNTT東日本/西日本の光回線(呼称:フレッツ光)を借りて運営しています。

NTT東日本/西日本の光回線は全国の光回線の約70%のシェアーを占めており、多くの光回線業者は、このNTTの光回線を借りて運営している光コラボレーション業者です。

このNTTの光回線を借りて運営している形態を「光コラボレーション」と言いますが、楽天ひかりをはじめ全ての光コラボレーション業者で扱っている「ひかり電話」はNTTのサービスを利用しています。

光コラボレーション業者によってこのひかり電話のお申し込み方法が違う

  1. :ひかり電話のお申し込みは、各光コラボレーション業者で直接受け付け
  2. :ひかり電話のお申し込みは、光コラボレーション業者で直接受付せず、NTT東日本/西日本の受付窓口の案内のみ

楽天ひかりに加入してひかり電話をご利用になるには、「2」の方式によりNTT東日本/西日本の受付窓口で行うことになります。
料金は受付窓口が違っても同じです。しかし窓口が違うことで、少々面倒なのは間違いありません。

楽天ひかりの「ひかり電話」ってどんなサービス

楽天ひかりの「ひかり電話」ってどんなサービス
ひかり電話はインターネット回線を利用した固定電話サービスになります。
一般のNTTの固定電は電話回線になるため、回線が違うということです。インターネット回線での電話は、IP電話と呼ばれています。
通常の電話回線を利用した固定電話より月額料金と通話料が大幅に下がることで、近年多くの方がお申し込みしご利用になっています。
そして今まで使っていた固定電話番号を変えずにひかり電話に変更できますので大変お気軽です。

ひかり電話の3つのメリット

ひかり電話の3つのメリット
1 通常の固定電話よりも格安で利用可能
2 NTTの固定電話の電話番号が利用可能
3 高額な電話加入権は必要ない

1、通常の固定電話よりも格安で利用可能

【通常の固定電話】と【ひかり電話】の料金比較

基本月額料金 通話料金
通常の固定電話 1,700円 固定電話宛:8.5円~160円/3分
携帯電話宛:60円~/3分
ひかり電話 500円 全国8円/3分

ひかり電話は通常の固定電話の料金と比較すると大幅に安くなることがわかります。多くの方が毎月の固定電話にかかる料金は半額以下になるかと思います。

ひかり電話の【通話料詳細】

ひかり電話の【通話料詳細】

NTT東日本公式ホームページから引用

ひかり電話の【初期費用】

一般的なひかり電話の初期費用は下記になります。

  • 新規加入初期費用:1,000円
  • 工事費用:0円
  • 電話番号継続費用:3,000円

2、NTTの固定電話の電話番号が利用可能

多くの方は固定電話番号が変わると大変だと思います。そして昔から使っている電話番号を利用したいとの方が大半です。

ひかり電話は、今まで使っていた固定電話番号をそのまま利用することが可能です。
(番号を引き継ぐ場合は初期費用3,000円)

3、高額な電話加入権は必要ない

NTTの固定電話は電話加入権が必ず必要です。現在は以前より大幅に安くなり36,000円です。それでもかなりの高額な料金です。
しかしひかり電話はこの電話加入権が必要ありません。初期費用もお安く済みます。

楽天ひかりとひかり電話への申し込み方法

楽天ひかりとひかり電話への申し込み方法

楽天ひかりとひかり電話へお申し込みの流れは下記になります。

  1. 楽天ひかりへ申し込み
    楽天コミュニケーションズ光のお申し込みサイト
  2. NTTの「お客さまID」を取得
    ⇒⇒楽天ひかりから書面で郵送される
  3. NTT東日本/西日本へ直接申し込む
    NTT東日本のお申し込み先サイト
    NTT西日本のお申し込み先サイト