アットニフティの特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!

アットニフティの特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!
アットニフティの特徴と評判※【初心者】にやさしく解説!
アットニフティ(@nifty)は、ニフティ株式会社が運営しているプロバイダーです。
そしてニフティ株式会社はインターネットが普及する前の1986年に創業しており、非常に長い実績があり認知度も高い会社です。
もともとニフティサーブというパソコン通信から始まった会社で富士通系でした。
インターネット事業に関しても1999年からアットニフティ(@nifty)を立ち上げ、現在に至っています。
アットニフティは、「フレッツ光」や「auひかり」にも対応している大手プロバイダーです。
それでは、アットニフティの特徴やサービス、気になる料金や評判を詳しく紹介していきます。

アットニフティ(@nifty)の特徴

アットニフティの特徴

アットニフティ(@nifty)はフレッツ光とauひかりに対応しているプロバイダー

国内で利用者が最も多い光回線は、NTT東日本/西日本が運営している「フレッツ光」です。
そして2番手の光回線はKDDIが提供する「auひかり」になります。

そしてアットニフティはこのフレッツ光とauひかりの両光回線に対応しているプロバイダーになります。

フレッツ光とauひかりの両方に対応しているアットニフティのプロバイダーとしてのメリットは、仮に回線を変更したい場合でも、プロバイダーの変更をしなくて済むことになります。
よって引っ越しを行うことが多い人には、とても好都合になるというわけです。

アットニフティ(@nifty)には光回線と一体の@nifty光がある

アットニフティを運営しているニフティ株式会社は、光回線とプロバイダーをセットにした「@nifty光」を運営しています。

@nifty光は、NTT東日本/西日本の光回線を借り、プロバイダーはアットニフティをセットにしたサービスで光コラボになります。

光コラボとは、2015年から始まったサービスですが、これはNTTの光回線の民営化に伴う国(会社)の方針で、通信事業者にこのNTTの光回線を貸すサービスがスタートしたことによります。

よってフレッツ光利用者でプロバイダーはアットニフティを選択している方は、@nifty光と全く同じサービスということになります。

ドコモ光でアットニフティ(@nifty)が選択できる

ドコモ光は株式会社NTTドコモが運営している光コラボです。
光コラボは、NTT東日本/西日本の光回線を借りて独自のプロバイダーとセットにしているサービスですが、このドコモ光でプロバイダーはアットニフティが選択できてしまいます。

ドコモ光の最大のメリットは、docomoユーザーにとって毎月の月額料金の割引きがあるということです。おまけに、フレッツ光より月額料金は安いことです。

現在、【光回線】:フレッツ光、【プロバイダー】:アットニフティ の場合の方

フレッツ光でアットニフティを選択している方は、「@nifty光」又は「@nifty with ドコモ光」と全く同じサービスになります。
現在フレッツ光でご契約されている場合は、「@nifty光」か「@nifty with ドコモ光」に乗り換え(転用といいます)ることで、月額料金が下がり、光回線とプロバイダーの対応窓口が一本になるというメリットがあります。
是非この機会に転用をご検討してみてはいかがですか。

アットニフティ(@nifty)は格安SIMのNifMoでさらにお得「まるっと割」

ニフティ株式会社のサービスで格安SIMの「NifMo」があります。
そしてアットニフティとNifMoのセットでご利用になる場合、「まるっと割」が適用になり月額料金が200円割引きされます。

すでに安い格安SIMのサービスでありながら更に月額料金が200円安くなるのは、大変お得感があります。

【NifMoとは】
NifMoとはニフティ株式会社が提供する格安SIMのサービスです。
格安ながらキャリアはドコモ回線を利用していることで、接続可能エリアは広く安心して利用できます。
NifMoにはシェアプランとして、1つのパケットを家族でシェアしてオトクにできる、ファミリープランがあります。親ID1つに対して子IDを最大6つまで契約することができます。子どもだけでなく、親とパケットをシェアすることで安くすることができます。

アットニフティ(@nifty)の料金

フレッツ光でアットニフティ(@nifty)を選択する場合

NTT東日本でプロバイダーはアットニフティ(@nifty)を選択する場合

戸建て
(ギガファミリースマートタイプ)
マンション
(ギガマンションスマートタイプ)
初期費用 事務手数料 800円 800円
標準工事費用
(派遣工事の場合)
18,000円 15,000円
月額料金(2年契約)
回線費用 4,700円 3,050円
プロバイダー(@nifty)費用 1,000円 800円
5,700円 3,850円

NTT西日本でプロバイダーはアットニフティ(@nifty)を選択する場合

戸建て
(ファミリースーパーハイスピードタイプ)
マンション
(マンションスーパーハイスピードタイプ)
初期費用 事務手数料 800円 800円
標準工事費用
(派遣工事の場合)
18,000円 15,000円
月額料金(2年契約)
回線費用 4,300円 2,850円~3,950円
プロバイダー(@nifty)費用 1,000円 800円
5,300円 3,650円~4,750円

@nifty光の場合

戸建て
(ファミリータイプ)
マンション
(マンションタイプ)
初期費用 事務手数料 3,000円 3,000円
標準工事費用
(派遣工事の場合)
18,000円 15,000円
月額料金
2年契約の場合 5,800円 4,480円
3年契約の場合 5,200円 3,980円

@nifty光は、auスマホユーザーの場合、セット割引きの「auスマートバリュー」が条件によって適用されます。光電話の契約も一緒に必要ですが、スマホ月額料金1台に付き最大2,000円の割引きがあります。そして家族全員が対象になります。

ドコモ光でアットニフティ(@nifty)を選択する場合

戸建て
(ファミリータイプ)
マンション
(マンションタイプ)
初期費用 事務手数料 3,000円 3,000円
標準工事費用
(派遣工事の場合)
18,000円 15,000円
月額料金(2年契約) 5,400円 4,200円

docomoユーザーには「ドコモ光セット割」が適用されます。割引きはスマホの月額料金からになります。
そしてdocomoのプランによって割引きされる金額に違いがあります。ドコモ光セット割は、離れた家族も全員対象になりますので、トータルでは思いがけない割引き額になる可能性もあります。

【ドコモ光セット割】の割引き額・・スマホの月額料金の割引額

プラン 割引額 備考
「ギガホ」、「ギガライト」 500円~1,000円 ギガライト1Gは対象外
離れた家族も全員対象が対象
「カケホーダイ&パケあえる」 100円~3,500円



アットニフティ(@nifty)の評判

アットニフティの価格.comでの評判を確認しますと、回線速度は5点満点中、2.56点と平均点。(集計期間:2017年 2月25日~2018年 2月24日 投稿数:25件)

【アットニフティの実際の評価】

  • 「気にならない。スピードは早いと思います。」
  • 「重たいファイルをダウンロードしたり送信したりしますが、不自由ありません。」
  • 「回線速度には不満ありません。ただ、今時光でまともな会社であれば速度に問題は無いでしょう。」

といい評判である一方、

  • 「平日は20時を過ぎると3M以下 22時~1時半頃までは1M以下 」
  • 「19:00~2:00 下り 0.1Mbps 上り25Mbps、午前中 下り30Mbps 上り25Mbps」
  • 「遅い」

という意見もあります。

回線速度が遅いというような評価は、アットニフティに原因があるとは限りません。

  • 地域
  • 回線環境
  • 使っているPCやスマホのスペック
  • 接続時間帯

にも影響されます。

とくに夜の時間帯に遅くなる、という評判がいくつか見られます。その一方で夜も快適にインターネットができる方もいます。地域により回線設備の違い、無線LANを使用時には周りの使用状況にも違いが出ます。

アットニフティ(@nifty)のまとめ

いかがでしたでしょうか?アットニフティをおすすめする方としては、

  • 実績のある高信頼のプロバイダーを選択したい方
  • 全国引っ越しが多い方でプロバイダーを変更したくない方
  • 格安SIMのNifMoでスマホの月額料金を安くしたい方

このような方におすすめです。

アットニフティーは積極的にいろいろなキャンペーンを実施しています。時期によって内容は変わりますので、最新の情報をご確認ください。