楽天ひかりのテレビ【ひかりTV】とは?お申し込み方法について解説

楽天ひかりをご利用中、若しくはお申し込みを検討している方で、テレビを視聴するサービスとして「ひかりTV」や「フレッツテレビ」へ加入したいという方は多くいらっしゃるかと思います。

そして、楽天ひかりに「ひかりTV」や「フレッツテレビ」のオプションサービスがあるのか、気になるところです。

心配いりません!!楽天ひかりは「ひかりTV」に加入できます

楽天ひかりの公式HPには、「フレッツテレビ」の案内は少しだけ記載されてるものの、「ひかりTV」の扱いは全く未記載です。
しかし楽天ひかりは、光コラボレーション事業者で、ひかりTVを問題なく利用することができますので、そのご説明をします。

楽天ひかりのテレビ「ひかりTV」は、NTTぷららのサービス

楽天コひかりのテレビ「ひかりTV」はNTTぷららのサービス

楽天ひかりをはじめとした光コラボの「ひかりTV」は、NTTぷららのサービスを利用しています。

ひかりコラボとは、通信事業者がNTT東日本/西日本の光回線(呼称:フレッツ光)を借りて、独自のプロバイダーとセットで光回線サービスを提供していることを言います。

上記のように楽天ひかりの光回線は、NTT東日本/西日本の光回線を借りて運営しており、国内光回線サービスの約70%は、このような形態をとって運営しています。

ところで「ひかりTV」と「フレッツ・テレビ」の違いは何だろうって思われている方も多いかと思います。
それぞれ特徴がありますが、一言でいうと下記のような感じになります。

ひかりTVとフレッツ・テレビは、どんな方におすすめ?
ひかりTV フレッツ・テレビ
地デジ等の一般テレビ以外に、ビデオ(映画、ドラマ、音楽、アニメ等)を好きな時間に好きなだけ視聴したい方。
また沢山の専門チャンネルも楽しみたい方。
地デジ等の一般テレビ以外に、スカパー(専門チャンネル)の決まったチャンネルのみを視聴したい方

【ひかりTV】と【フレッツ・テレビ】で迷われている方は、下記で詳しく説明していますのでご確認ください。

こちらのページでは、主にひかりTVについてのサービス内容とお得なお申し込み方法について詳しく解説していきます。

 

光コラボレーションによって「ひかりTV」のお申し込み方法が違う

国内には多くの光コラボレーション事業者がありますが、ひかりTVを申し込む方法は、大きく2つに分かれます。

「ひかりTV」をお申し込みする2つの方式

  1. ひかりTVのお申し込みは、各光コラボレーション事業者で直接受け付け
  2. ひかりTVのお申し込みは、光コラボレーション事業者で直接受付せず、NTTぷららの受付窓口の案内のみ

楽天ひかりに加入し、ひかりTVにお申し込むには、「2」の方式によりNTTぷららの受付窓口で行うことになります。
料金設定は、受付窓口が違っても同料金です。しかしお申し込み窓口が違うことで、少々面倒なのは間違いありません。
楽天ひかりとひかりTVへお申し込みの流れは下記になります。

楽天ひかりで【ひかりTV】へお申し込みする方法

  1. 楽天ひかりへ光回線の申し込み(既にお申し込みされている方は2へ)
    楽天ひかりのお申し込みサイト
  2. 開通後NTTぷららへひかりTVを申し込む
    NTTぷららのひかりTVお申し込みサイト(お得なキャンペーンサイト)
    (本人名義のクレジットカードが必要になります)

 

楽天ひかりの「ひかりTV」ってどんなサービス

ひかりTVってどんなサービス 楽天光のひかりTVってどんなサービス

ひかりTVはインターネット回線を利用した映像配信サービスになります。

ひかりTVは、一般にTVアンテナで受信する地デジ/BS/CSをインターネット光回線で高画質なHD映像で視聴することができます。もちろんアンテナは不要になります。またお好きな映画やドラマ等は、約127,000本あり、見たい時に作品を選んで見ることもできます。

インターネット光回線のひかりTVは、近年大人気のオプションサービスで、現在国内約300万世帯が既に加入しています。

ひかりTVの4つの特徴やメリット

ひかりTVの4つの特徴やメリット
1、ひかりTVは、アンテナ不要で電波状況に影響されず高画質テレビがいつでも見られる
2、ひかりTVは、約127,000本の映画やドラマが高画質で視聴できる
3、ひかりTVは、2か所同時に好きな番組を楽しめる
4、ひかりTVは、録画・視聴予約が簡単にできる・・外出先からも可能

1、ひかりTVは、アンテナ不要で電波状況に影響されず高画質テレビがいつでも見られる

ひかりTVは、インターネット光回線から地デジ/BSデジタル映像情報を受信することで、TVアンテナが不要です。

TV電波の入りが悪い環境の方や、TVの受信が天候に影響を受けやすいエリアの方には、特におすすめしたいサービスです。いつでも安定した高画質映像を楽しむことができます。

※但し、エリアによっては地デジ放送を対応していないところがあります。エリアの確認はこちら

2、ひかりTVは、約127,000本の映画やドラマが高画質で視聴できる

ひかりTVで、約127,000本の映画やビデオを見ることができます。
ビデオレンタルショップをよくご利用になられている方は、「貸出中」「返却」「延滞料金」から解放されます。

3、ひかりTVは、2か所同時に好きな番組を楽しめる

ひかりTVの映像を視聴する方法は、テレビ以外にパソコンはもちろんスマホ、タブレット等、マルチデバイスに対応しています。
スマホやタブレットから視聴する場合は、専用アプリ「ひかりTVどこまでも」を利用します。この場合は、テレビとスマホ等で同時2台までは違う番組が楽しめます。

4、ひかりTVは、録画・視聴予約が簡単にできる・・外出先からも可能

ひかりTVは、スマホを利用して外出先からも録画・視聴予約が簡単にできます。
トリプルチューナーを選択した場合、視聴しながら2番組同時録画も可能です。

楽天ひかりのひかりTV

楽天ひかりの「ひかりTV」の料金

ひかりTVの料金

ひかりTVの料金は、【月額基本料金】+【チューナー料金】となります。

それでは初期費用と月額費用に分けて解説します。
尚、月額費用は加入プランによって変わります。

ひかりTVの料金=月額基本料金+チューナー料金

 

ひかりTVの初期費用

ひかりTVの初期費用は0円です。

但しひかりTVには、専用チューナーが必要であり、購入する場合は、別途料金がかかります。
最近のテレビは、ひかりTVの専用チューナーが内蔵されているものも増えてきておりますので、対象なのかを確認する場合は、「ひかりTVチューナー内臓テレビ」のサイトでご確認ください。

【税込み】

ひかりTVの専用チューナー ST-3400 ST-4500
4Kはアップグレードで対応 4K対応
一括購入費用料金 通常 30,351円 37,800円
キャンペーン時
(時より実施)
5,478円 キャンペーン未対象
【参考】レンタルの場合の月額料金 550円 770円

 

【現在限定キャンペーン実施中】・・在庫なくなり次第終了しますのでお早めに

期間:2021年8月25日(水)~9月3日(金)昼12:00

キャンペーン内容:

  • ひかりTV対応チューナー 4K対応 トリプルチューナー 5,478円(82%OFF)
  • USBハードディスク 2TB 7,000円 (50%OFF)

在庫がなくなり次第終了するキャンペーンですのでお早めに。
ひかりTVキャンペーンサイトからお申込みすると特典が得られます。

ひかりTVの月額費用

ひかりTVの料金プランは、全部で4種類あり、それぞれ視聴できる内容が異なります。

またひかりTVは、専用のTVチューナーが必要で、レンタルの場合は税別550円/月。又は4K対応だと770円/月。

専用チューナーは、破格で購入できるキャンペーンを定期的に行っています。キャンペーン中であれば、購入すると2年弱で回収できてしまいます。

【ひかりTVの月額料金表】

月額料金は2年契約(2ねん割)した場合は割引きがあります。

ひかりTVプラン 月額料金
(2ねん割)
内容
地デジ/BS CS ビデオ 専門チャンネル
基本放送プラン 1,100円 基本サービス(10ch以上)
ビデオざんまいプラン 2,750円
(1,650円)
約127,000本
内約33,000本見放題
基本サービス(10ch以上)
テレビおすすめプラン 2,750円
(1,650円)
約127,000本ほぼ有料 基本サービス(10ch以上)
ベーシックチャンネル(50ch以上)
お値うちプラン 3,850円
(2,750円)
約127,000本
内約33,000本見放題
基本サービス(10ch以上)
ベーシックチャンネル(50ch以上)

毎月、月額基本料金の10%をぷららポイントで還元されます。
工事費はNTTの光回線が開通している場合無料です。

 

楽天ひかりとひかりTVへのお申し込み方法

楽天ひかりとひかりTVへのお申し込み方法

楽天ひかりとひかりTVへお申し込みの流れは下記になります。

楽天ひかりで【ひかりTV】へお申し込みする方法

  1. 楽天ひかりへ光回線の申し込み(既にお申し込みされている方は2へ)
    楽天ひかりのお申し込みサイト
  2. 開通後NTTぷららへひかりTVを申し込む
    NTTぷららのひかりTVお申し込みサイト(お得なキャンペーンサイト)
    (本人名義のクレジットカードが必要になります)

 

【ひかりTV】と【フレッツ・テレビ】で迷われている方は下記をご確認ください。




楽天ひかりのサービス概要

楽天ひかりに、まだお申し込みしてない方で、サービス内容を知りたい方は、こちらをご確認ください。

楽天ひかりのサービス内容 解説
(特徴や他社サービスとの違い)
初期費用 事務手数料 新規:880円
転用:1,980円
かなり格安な料金設定です。
他社は一般的に3,300円のところが、大多数です。
工事費 戸建て
0円~19,800円
集合住宅
0円~16,500円
フレッツ光・他社光コラボを今まで利用している方は、工事費無料です。
工事を行う人員派遣の有無、及び屋内配線の新設の有無によって、工事費はかわります。
他の光回線サービス(光コラボ)と比較しても、大きく違いはありません。
月額料金 戸建て:5,280円
集合住宅:4,180円
光回線の月額料金としては、かなり格安に設定されています。
国内光回線サービスの上位20%内に入る料金設定です。
回線速度 1Gbps 光回線としては、最も一般的な速度です。
そして2020年6月にIPv6接続に対応したことで、かなり安定した高速回線を実現しています。
但し超高速の光回線サービス(10Gbpsのサービス)は未対応です。
提供エリア 全国 NTTの光回線(フレッツ光と同じ回線)を借りて、独自のプロバイダーとセットで提供しているサービスです。
よって提供エリアは、NTT東日本・NTT西日本フレッツ光回線と全く同じで最も広く、多くの方はお申込み可能で、引っ越し時でも安心できます。
オプションサービス
  • 電話設定サポート
  • セキュリティ(ソフト)
  • 無料メールアドレス10ケまで
  • メールプラス(容量追加)
  • ウイルスフィルターサービス
  • アドバンストスパムフィルター
  • リモートサービス
楽天ひかりが提供しているオプションサービスは、必要最小限のサービスしか用意されていません。
但し、楽天ひかりは光コラボ(NTTの光回線を借りて運用するサービスのこと)であることから、人気オプションの「ひかり電話」、「ひかりTV」のサービスは、直接運用している会社でお申し込みできます。
キャンペーンや特典 【時期によって変わります】

  • 1年間月額料金が2,200円の値引き。
  • 楽天モバイル(楽天のスマホ)と両方お申込みの場合、両方とも1年間無料
他社のようなキャッシュバックキャンペーンは、以前行っていたものの最近行っていません。
但し月額料金設定が格安なことから、トータルコストはお得です。
楽天モバイルとのセットでお申込みすると、かなりお得になります。
契約期間 3年間 契約期間は2年間に設定されてるところが多い中、3年間は少々長い設定です。
契約期間中に解約した場合は、解約違約金が発生することから、長期間の使用見込みがない方は要注意です。
解約違約金 10,450円 契約期間中に解約した場合の違約金としては、かなり安い設定となります。
契約期間は3年間と少々長いですが、そこまで大きな心配はなさそうです。
サポート体制
(お問い合わせ対応)
  • メール
  • メッセージ相談
  • 電話

9:00~18:00

お問い合わせの対応は他社並みですが、他社も含めて評判はどこも良いものではありません。
プロバイダー 楽天ブロードバンド 楽天モバイルが直接運営しているプロバイダーです。
楽天ひかり以外にフレッツ光やドコモ光にもサービス提供しています。
運営会社 楽天モバイル株式会社 楽天グループが携帯電話事業に参入することが決まった2018年に設立された会社です。
以前は、楽天コミュニケーションズ株式会社会社が運営しており、それまで「楽天コミュニケーションズ光」というサービス名でした。
その他 楽天スーパーポイントアップの対象 楽天ひかりのご利用で楽天市場のお買い物が「+1倍」になります。
楽天市場をよくご利用される方には、お得になるでしょう。
公式サイト https://network.mobile.rakuten.co.jp/hikari/

 

楽天ひかりの詳しいサービス内容は、こちらもご参照してください。

5 件のコメント

  • こちらの記事を拝見して、楽天ひかりに申し込み手続き中です。
    光電話については、他に選びようがないし、楽天ひかりの方でNTTに連絡を入れてくれるそうです。
    ここからが問題なんですが、楽天ひかりの担当者が、ひかりTVではなく、フレッツテレビの方を紹介してきたのです。その上、ひかりTVの事は詳しい事は良く分からないと言われました。
    私はこちらの記事しか見てなかったため、フレッツテレビを最初から契約できないものとして除外していました。実際のところ、どっちの方が得なのか分からなくなりました。それにテレビを2台繋ぐためにPS3まで準備してしまいました。
    この状況、どう思われますか?

    • 【フレッツテレビ】と【ひかりTV】は全く違うサービスです。

      【フレッツテレビ】
      アンテナ不要で地デジ・BSが視聴できるサービス。CS(スカパー)にも別途有料で対応。電波障害を受けやすい場所にお住まいの方にはおすすめのサービス。

      【ひかりTV】
      地デジはお住まいによって視聴できません。
      一般的に地デジ・BSは外部アンテナ等既存の設備で視聴。
      ひかりTVは、映画やドラマ、音楽、スポーツ等11万本以上のビデオを好きな時に好きなだけ視聴できるサービス。
      また50chもの専門テレビチャンネルがあります。
      一般的なテレビチャンネルだけでは物足りない方や、レンタルビデオ屋さんによく行く方におすすめです。

      • ご回答ありがとうございます。後で調べた限りでは、どちらのサービスもアンテナ不要で地デジ・BSが視聴できるサービスなのですね。
        ただ、工事費やチューナーが違ったり、地デジ・BS以外の内容が違うようですね。
        私のような初心者だと、楽天ひかりではフレッツテレビが使えないような勘違いをする読者もいらっしゃると思いますので、たとえ快適インターねっと管理者さんが、ひかりTV推しだとしても、フレッツテレビの選択も可能だという事を、加筆していただくようお願いいたします。
        ちなみに、私はアンテナなしで、地デジ・BSさえキレイに映れば満足だったのです。

        以上です。ありがとうございました。

  • 初期費用をなるべく抑えたいのと、外部工事の抵抗ありで、2台目のテレビ用に既にPS3の中古品も買っており、更に専用チューナーも中古品で揃える事にして(ヤフオクで落札済)、乗り掛かった舟の勢いでひかりTVへの方へ突き進む事に決めました。
    現状としては、ひかりTVとフレッツテレビはどちらが加入者が多いんですか?ちょっとだけ気になります。

  • 快適インターねっと管理者 へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です