クラウドSIMの仕組みについて【初心者にわかりやすく解説】

世界中どこでもSIMの差し替えなしでデータ通信ができる「クラウドSIM」タイプのモバイルWiFiルーターが、最近人気を集めています。そしてこれは使い放題でデータ容量制限を設けていません。

この「クラウドSIM」という最新の技術を活用したモバイルWiFiルーターは、2019年初頭からサービスが始まり、現在においては国内20社ものクラウドSIMタイプのモバイルWiFiサービスが存在しています。

そしてクラウドSIMタイプのモバイルWiFiは、利用勝手が良く料金も安いことから、とても魅力があり、注文も殺到しているのが現状です。
よってこの「クラウドSIM」という仕組みはどういうものなのか、初心者にわかりやすく解説します。

クラウドSIMの仕組みをやさしく図解で解説

クラウドSIMの仕組みを図解で解説

 

モバイルWiFiルーター
インターネット上(クラウド上)のSIMサーバーと通信ができるモバイルWiFiルーターは、クラウドSIM専用の端末となります。

SIMサーバー
SIMサーバーはインターネット上(クラウド上)にあることで、世界中のどこからもアクセス可能です。
そして世界各国のSIMがここに収められています。
国内通信においては、SoftBank、au、docomo の3社のSIMがこのSIMサーバーに収められています。

この図でクラウドSIMの仕組みの概要はご理解いただけるかと思います。
このような仕組みをとることで、対応する国のSIMがSIMサーバーにある限り、通信を行うことができます。

ほとんどのクラウドSIMタイプのモバイルWiFiは、世界100ヶ国以上に対応していることから、海外に行っても多くの所でSIMを入れ替えたり、現地のWiFiルーターを借りるような手間がなくご利用になれます。

クラウドSIMの仕組みで提供されているモバイルWiFiの概要

クラウドSIMの仕組みで提供されているサービス概要

クラウドSIMの仕組みで提供されているモバイルWiFiの特徴

クラウドSIMの仕組みで提供されているモバイルWiFiの特徴

  • 通信制限(容量制限と速度制限)がなく使い放題
  • 国内3キャリア(docomo、au、SoftBank)に対応。最適なキャリアを選択
  • 端末はレンタルの専用機となります。多くの種類から選択不可
  • 世界中の多くの国で、SIMの入れ替え等する必要なくそのまま利用できる
  • 通信速度の下り最大150Mbps(ベストエフォート・・理論値)

 

クラウドSIMの仕組みで提供されているモバイルWiFiの料金

クラウドSIMタイプのモバイルWiFiサービスは、現在国内に20社程度あります。料金設定はかなり安いこともあり、人気が高くなっています。

標準的な料金(国内利用)

  • 初期費用:3,000円程度(事務手数料として。端末代はレンタルのため0円)
  • 月額料金:3,250円~3,980円(利用料として)

海外で利用した時の料金

  • 1日1GB以内のご利用で、1日あたり 850円~1,880円程度

(各社のサービスは、利用エリアと利用容量で料金設定に大きな違いがあります)

クラウドSIMの仕組みは特許技術・・提供している会社とは

クラウドSIMは、中国の香港に本社があるuCloudlinkが独自開発した特許技術です。

uCloudlinkは2011年に設立した比較的新しい会社ですが、深圳(香港の近く)に大きな研究開発センターをもち、WiFi端末・スマートフォン等の携帯端末の製造も行っています。

uCloudlinkは2018年日本法人「uCloudlink Japan(株)」を設立しました。
地理、通信キャリア、ローミング契約などが制限されないクラウドSIMをコアテクノロジーとして、グローバルモバイルデータ市場を現在確立中です。そして世界に販路を拡大中で成長著しい会社です。

クラウドSIMの仕組みで一番よく使われている端末

クラウドSIMタイプのモバイルWiFiサービスは、SIMサーバーと接続するため、専用端末が必要です。
そして国内で提供されているクラウドSIMモバイルWiFiサービスの大半(7~8割程度)は、専用端末でも「U2s」というものを利用しています。

端末製品名 U2s
U2sの仕様
重量 151g
サイズ 127×65.7×14.2mm
連続使用可能時間 12時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
SIMスロット個数(※) 1 x Micro SIM slot
(Standard SIM slotはありません)
ポート USB 2.0 port:
Input: DC 5V-1A~5V-2A
周波数帯 LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/19/20/26/28
LTE-TDD Band: 34/38/39/40/41
WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8
GSM:850/900/1800/1900MHz
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 3,500mAh
同時接続台数 5台
付属品 MicroUSBケーブル(充電用)

※SIMスロット個数:スロットに差し込んで一般的なモバイルWiFiルーターとして利用可能。

クラウドSIMタイプの代表的なモバイルWiFiサービス

クラウドSIMタイプの代表的なモバイルWiFiサービス

クラウドSIMの仕組みで提供されている国内の代表的なモバイルWiFiサービスです。
「どんなときもWiFi」のサービス開始からいきなりブレイクし、下記いずれのサービスも開始されてから日がさほど立っていません。

クラウドSIMタイプの
人気モバイルWiFiサービス
月額料金 運営会社 運営開始月
1 どんなときもWiFi 3,480円 株式会社 グッド・ラック 2019年 3月
2 よくばりWiFi 3,450円 株式会社エクスゲート 2019年 9月
3 めっちゃWiFi 3,480円 スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社 2019年10月
4 限界突破WiFi 3,500円 エックスモバイル株式会社 2019年10月
5 Mugen WiFi 3,280円 株式会社surfave 2019年10月
6 FUJI WiFi 3,980円 株式会社レグルス 2019年11月
7 hi-ho GoGo Wi-Fi 3,355円 株式会社ハイホー 2019年11月
8 hy-fi 3,280円 株式会社Twelve 2019年12月
9 BBN Wi-Fi 3,250円 ブロードバンドナビ株式会社 2020年 2月
10 ポケモバクラウド 3,250円 株式会社ポケットモバイル 2020年 3月
11 THE WiFi 3,480円 スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社 2020年 3月
12 ゼウスWiFi 3,480円 株式会社Human Investment 2020年 3月

これらのサービスを詳細に比較しましたので、興味のある方は下記よりご確認ください。