クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiを比較【2020年厳選12社】

クラウドSIMタイプのモバイルWiFiは、2019年春「どんなときもWiFi」からブレイクしました。それは通信制限がないことで利用状態を気にせず自由に使えるサービスだったからです。

ところがクラウドSIMタイプのモバイルWiFiは、2020年春ごろ多くのサービスで、通信障害が多発し、全くネットに接続できないというサービスまで出始めました。
原因は利用者が急増し、供給できる通信量が追いつかなくなったことによるものです。

そこで現在クラウドSIMタイプのモバイルWiFiは、サービス内容の見直しを図り始めています。
2020年7月現在のクラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiを比較してみました。

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFi【2020年厳選12社】とは

通信制限のない人気のモバイルWiFi【2020年厳選8つ】とは

クラウドSIMタイプのモバイルWiFiサービス【2020年厳選12社】をピックアップしました。

これらのクラウドSIMタイプのモバイルWiFiのサービス内容を「料金」、「支払方法」、「端末の種類」、「端末の弁償代」、「海外利用容量とその料金」、「解約違約金」、「特徴」について比較します。

クラウドSIMタイプの
人気モバイルWiFiサービス
月額料金 運営会社 運営開始月
1 どんなときもWiFi 3,480円 株式会社 グッド・ラック 2019年 3月
2 よくばりWiFi 3,450円 株式会社エクスゲート 2019年 9月
3 めっちゃWiFi 3,480円 スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社 2019年10月
4 限界突破WiFi 3,500円 エックスモバイル株式会社 2019年10月
5 Mugen WiFi 3,280円 株式会社surfave 2019年10月
6 FUJI WiFi 3,980円 株式会社レグルス 2019年11月
7 hi-ho Let’s Wi-Fi 4,300円 株式会社ハイホー 2020年6月
8 hy-fi 3,280円 株式会社Twelve 2019年12月
9 BBN Wi-Fi 3,250円 ブロードバンドナビ株式会社 2020年 2月
10 ポケモバクラウド 3,250円 株式会社ポケットモバイル 2020年 3月
11 THE WiFi 3,480円 スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社 2020年 3月
12 ゼウスWiFi 3,480円 株式会社Human Investment 2020年 3月

クラウドSIMタイプのモバイルWiFiの【通信制限】とは

モバイルWiFiの通信制限には大きく2つの要素があります。それは「通信容量制限」と「利用速度制限」です。

通信容量制限 利用できる通信容量に制限があること。
利用速度制限 一定期間に大量のデータを利用した場合、通信速度が低速に制限されること。

クラウドSIMタイプのモバイルWiFiの当初のサービスは、通信制限がなく固定回線同様に使い放題で使い勝手がかなり良くなることから、大変な人気となりました。

2020年春、利用者が急増し供給できる通信量が限界を超えはじめ、各サービスで通信障害を多発したことから、最近では容量制限がかかるサービスが増え始めてきました。
今後は容量制限がないサービスは廃止されていく傾向にあると予想されます。

クラウドSIMタイプの通信制限のないモバイルWiFiの2つの共通な特徴

クラウドSIMタイプの通信制限のないモバイルWiFiには2つの共通な特徴があります。

  • モバイル端末はレンタル(貸し出し)にして月額料金を下げている

    従来のモバイルWiFiの多くは端末の購入が必要でした。
    そしてそれを無料にする代わりに月額料金を上げ、結果的にはランニングコストが高くなっていました。

    しかし端末をレンタルすることで月額料金は下げることができます。しかし端末種類は固定され、自由(大きさ、電池容量、デザイン等)に選ぶことは出来なくなったというデメリットもあります。

    【モバイル端末がレンタルのメリット】

    • 月額料金が安い(一般には端末料が月額料金に上乗せされるため)
  • クラウドSIMを利用していることで、通信が安定し海外でも利用できる

    従来のモバイルWiFiは、モバイル端末にSIMが物理的に入っていました。よってキャリアはWiMAX2+をはじめ、docomo、au、SoftBank等に固定されていました。
    クラウドSIMは、クラウド上のSIMサーバーから必要なSIM情報を都度得るという技術で、その場所(エリア)にベストなキャリアを自動選択し、海外でもそのまま利用できるという大きな特長を持っています。

    【クラウドSIMのメリット】

    • 国内通信エリアが広い(地下鉄内の通信OK)
    • 海外でも利用できる
    • 通信が比較的安定している

 

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiの料金と支払方法を比較

通信制限のない人気のモバイルWiFiの料金設定と支払方法
クラウドSIMタイプの
人気モバイルWiFiサービス
月額料金 初期費用 2年トータル 3年トータル お支払方法
1 どんなときもWiFi 3,480円
25ケ月目以降3,980円
3,000円 86,520円 134,280円 クレジット
口座振替+500円/月
2 よくばりWiFi 3,450円 3,800円 86,600円 128,000円 クレジット
3 めっちゃWiFi 3,480円 3,000円 86,520円 134,280円 クレジット
4 限界突破WiFi 3,500円 0円 84,000円 126,000円 クレジット
5 Mugen WiFi 3,280円 3,000円 81,720円 121,080円 クレジット
6 FUJI WiFi 3,980円 3,000円 98,520円 146,280円 クレジット
コンビニ
7 hi-ho Let’s Wi-Fi 4,300円 3,000円 106,200円 157,800円 クレジット
8 hy-fi 3,280円 3,000円 76,140円 115,500円 クレジット
口座振替+700円/月
9 BBN Wi-Fi 3,250円  3,000円 81,000円 120,000円 クレジット 
10 ポケモバクラウド 3,250円  3,000円  81,000円 120,000円 クレジット
11 THE WiFi 3,480円 3,000円 86,520円 134,280円 クレジット
12 ゼウスWiFi 3,480円 3,000円 86,520円 134,280円 クレジット

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiサービス各社の料金のトータルコストでは、最近サービスを開始した「hy-fi(ハイファイ)」は現在新規お申し込みキャンペーンを実施しておりますので一番お安いようです。

お支払方法は、すべてのサービスでクレジットカード払いが可能です。
一部のサービスでは、口座振替が可能ですが若干月額料金は高くなりますのでご注意ください。

 

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiの端末種類と弁償代を比較

通信制限のない人気のモバイルWiFiの端末種類と弁償代
クラウドSIMタイプの
人気モバイルWiFiサービス
端末種類 端末の説明補足 端末の弁償代
1 どんなときもWiFi D1(U2sのOEM品)

サービス開始当初はU2sを採用していましたが、現在はU2sをOEM化し、オリジナル端末「D1」として提供。

 

D1の仕様は、U2sとほぼ同じ

18,000円
2 よくばりWiFi U2s  下記説明参照 18,000円
3 めっちゃWiFi U2s 下記説明参照 5,000円
4 限界突破WiFi jetfon P6のOEM品 スマホのjetfon P6の機能を一部制限しオリジナル端末として提供。

直接端末上の画面で地図アプリや翻訳アプリが使える。

18,000円
5 Mugen WiFi U2s 下記説明参照 20,000円
6 FUJI WiFi G3 下記説明参照 20,000円
7 hi-ho Let’s Wi-Fi U2s 下記説明参照 18,000円
8 hy-fi U2s
G4
下記説明参照 15,000円
BBN Wi-Fi  U2s
G4
下記説明参照  両方共
18,000円
10  ポケモバクラウド  U2s 下記説明参照 18,000円
11 THE WiFi U2s 下記説明参照 調査中
12 ゼウスWiFi H01 自社専用端末(後日詳細記載) 18,000円

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiサービス各社の端末の多くは、操作画面がないシンプルなU2sを利用していることがわかります。
U2sは今日的に実績もあり、何も問題はありませんが、一部でより操作しやすい画面付き端末を提供しているサービスもあります。

クラウドSIMタイプのWiFi端末の代償代は、端末を紛失したり壊したりした場合の代償代のことで、各サービスに大きな料金差があります。

WiFi端末の代償代は結構高額なことから、端末の扱いに自信がない方は、各社がオプションサービスで用意している「あんしん補償」に加入されることをおすすめします。月額300円~500円となっています。

 

U2s(D1) の仕様

U2sの仕様
端末製品名 U2s D1(U2sのOEM品)
重量 151g 151g
サイズ 127×65.7×14.2mm  127×65.7×14.2mm
連続使用可能時間 12時間  12時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
SIMスロット個数(※) 1 x Micro SIM slot
(Standard SIM slotはありません)
1 x Standard SIM slot
1 x Micro SIM slot
ポート USB 2.0 port:
Input: DC 5V-1A~5V-2A
USB 2.0 port:
Input: DC 5V-1A~5V-2A
周波数帯 LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/19/20/26/28
LTE-TDD Band: 34/38/39/40/41
WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8
GSM:850/900/1800/1900MHz
LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20
LTE-TDD Band: 38/39/40/41
WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8/9/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
CDMA/EVDO: BC0/BC1
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n  IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 3,500mAh 3,500mAh
同時接続台数 5台 5台
付属品 MicroUSBケーブル(充電用) MicroUSBケーブル(充電用)

※SIMスロット個数:スロットに差し込んで一般的なモバイルWiFiルーターとして利用可能。

G3 の仕様

G3の仕様
端末製品名 G3
重量 約240g
サイズ 112.6×65.0×19.0mm
連続使用可能時間 15時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
SIMスロット個数 2 x nano SIM slot
周波数帯 LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20
LTE-TDD Band: 38/39/40/41
WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8/9/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 5,350mAh
同時接続台数 5台
付属品 MicroUSBケーブル(充電用)

G4 の仕様

 

G4 の仕様
端末製品名 G4
重量 約188g
サイズ 136×72.2×12mm
連続使用可能時間 13時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
SIMスロット個数 1 x nano SIM slot
周波数帯 LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/26/28
LTE-TDD Band: 34/38/39/40/41
WCDMA Band: 1/2/4/5/8
GSM:850/900/1800/1900MHz
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 3,900mAh
同時接続台数 5台
付属品 Type Aの変換ケーブルオスとメスで一本ずつ

jetfon P6 の仕様

 

jetfon P6の仕様
端末製品名 jetfon P6
重量 162g
サイズ 152.9×74.2×8.5mm
連続使用可能時間 15時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
SIMスロット個数 2 x nano SIM slot
周波数帯 LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20/26/28
LTE-TDD Band: 34/38/39/40/41
WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8/9/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 3,400mAh
同時接続台数 5台
付属品 MicroUSBケーブル(充電用)
ACアダプター

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiの海外利用容量とその料金を比較

通信制限のない人気のモバイルWiFiの海外利用容量とその料金

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiの国内利用の場合は、通信制限(容量制限と速度制限)がありません。そして若干料金の違いはあるものの、利便性にさほど大きな違いはありません。

しかしクラウドSIMタイプのモバイルWiFiの海外利用におきましては、各サービス毎に使える容量に制限の違いがあり、別途発生する海外利用料金にも大きな違いがあります。

海外でクラウドSIMタイプのモバイルWiFiサービスをよく利用される方は、どのような用途で利用するかによって、選択が大きく分かれる項目となりますます。

クラウドSIMタイプの
人気モバイルWiFiサービス
料金 利用容量制限
1 どんなときもWiFi エリア1:1,280円/日
エリア2:1,880円/日
1GB/日
2 よくばりWiFi エリアA:1,250円/日
エリアB:1,850円/日
1GB/日
3 めっちゃWiFi 東南アジア:850円
他の国:1,250円
1GB/日
4 限界突破WiFi 380円~1480円/日 3つの料金プラン(300MB/日、1GB/7日、3GB/30日)があり380円~9,980円。用途に応じ選択可能
5 Mugen WiFi Area1:1,200円/日
Area2:1,600円/日
1GB/日
6 FUJI WiFi 980円/日 500MB/日
7 hi-ho Let’s Wi-Fi エリア1: 970円/日
エリア2:1,600円/日
1GB/日
8 hy-fi 780円/日 500MB/日
9 BBN Wi-Fi  900円/日・・500MB
1,200円/日・・1GB
← 
10 ポケモバクラウド 900円/日・・500MB
1,200円/日・・1GB
11 THE WiFi 東南アジア:850円
他の国:1,250円
1GB/日
3GB/日
12 ゼウスWiFi ・1日プラン300MB
161円~968円
・7日プラン1GB
430円~2,634円
・30日プラン3GB
1076円~6,560円
 ←

海外で電子メール、調べもの、マップ等の一般利用であれば、一日の利用容量は500MBもあれば十分かと思われます。格安なのは「限界突破WiFi」、「hy-fi」、「FUJI WiFi」、「BBN Wi-Fi」、「ポケモバクラウド」、「ゼウスWiFi」あたりとなります。

海外で動画視聴やビデオチャット等よく使われる方は、できるだけ容量の多いサービスの方が安心できます。
そうなるとお安いのは「めっちゃWiFi」、「限界突破WiFi」、「hi-ho GoGo Wi-Fi」となります。

 

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiの解約違約金を比較

通信制限のない人気のモバイルWiFiの解約違約金
クラウドSIMタイプの
人気モバイルWiFiサービス
解約違約金 契約期間
1 どんなときもWiFi 0~12ヶ月:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
25ヶ月目:0円
26ヶ月~:9,500円
2年
2 よくばりWiFi 0~12ヶ月:18,000円
13~24ヶ月:12,000円
25ヶ月目:0円
26ヶ月~:9,500円
2年
3 めっちゃWiFi 1~24ヵ月:9,800円
25ヵ月~:0円
2年
4 限界突破WiFi 24ケ月未満:18,000円
解約更新月(3ケ月間):0円
それ以降:5,000円
2年
5 Mugen WiFi 1年未満:9000円
1~2年未満:5000円
25ケ月以降:0円
2年
6 FUJI WiFi 契約期間なしのため、解約違約金無し なし
7 hi-ho Let’s Wi-Fi 0~11ヶ月:18,000円
12~23ヶ月:9,500円
24ヶ月目:0円
25ヶ月~:9,500円
2年
8 hy-fi 9500円 2年
BBN Wi-Fi 0~24ヵ月目 18,000円
25ヵ月目(更新月) 0円
26ヵ月目以降 9,500円
2年 
10  ポケモバクラウド 0~24ヵ月目 18,000円
25ヵ月目(更新月) 0円
26ヵ月目以降 9,500円 
2年 
11 THE WiFi 1~24ヵ月:9,800円
25ヵ月~:0円
2年
12 ゼウスWiFi  0~23ヶ月:9,500円
24~25ヶ月目:0円
26ヶ月~47ヶ月目:9,500円
48~49ヶ月目:0円
2年

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiサービスの契約期間はFUJI WiFiを除いて2年間です。
そしてそれぞれの解約違約金には、かなりの料金差があります。

2年間は最低利用される方は、それ以降解約しても違約金がないサービスを選んだ方が安心でトータルコストは比較的抑えられるでしょう。
そうなるとおすすめは、「めっちゃWiFi」、「Mugen WiFi」、「FUJI WiFi」となります。特に「FUJI WiFi」は契約期間がないことで、いつでも解約可能なのはとても良心的で安心できます。

 

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiの各お申し込み先とポイント

通信制限のない人気のモバイルWiFiの各お申し込み先とポイント
クラウドSIMタイプの
人気モバイルWiFiサービス
(リンク:お申し込み先)
提供会社 ポイント
1 どんなときもWiFi 株式会社 グッド・ラック クラウドSIMタイプでモバイルWiFiサービスのパイオニア。既に多くの顧客を獲得しており実績豊富で高信頼で安心。口座振替のお支払いの方には特におすすめ。

【緊急告知】
システム障害発生のため、新規お申し込みを中止しています

2 よくばりWiFi 株式会社エクスゲート 「どんなときもWiFi」の後発で、サービス内容はほぼ同じにもかかわらず、料金設定が全てにおいて少し割安

【緊急告知】
現在端末の供給が間に合わず、新規お申し込みを中止しています

3 めっちゃWiFi スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社 2年以上ご利用で解約違約金なし。海外利用が格安
4 限界突破WiFi エックスモバイル株式会社 端末がスマホタイプで一部のアプリ(自動翻訳やマップ機能)が利用できる。海外利用では料金が細かく設定できることで、海外利用者には特におすすめ

【緊急告知】
現在端末の供給が間に合わず、新規お申し込みを中止しています

5 Mugen WiFi 株式会社surfave 国内利用料は最安。2年以上のご利用で違約金は発生しないことで、主に国内利用者におすすめ

【緊急告知】
現在端末の供給が間に合わず、新規お申し込みを中止しています

6 FUJIWifi 株式会社レグルス いつでも解約できることで、利用期間を全く気にせず使える。海外利用はどこの国も格安一律料金で良心的。モバイルWiFiで実績のある会社

【緊急告知】
現在端末の供給が間に合わず、新規お申し込みに制限をかけています。

7 hi-ho Let’s WiFi 株式会社ハイホー 以前の「hi-ho GoGo Wi-Fi」から容量制限を設けた新しいサービスで2020年6月開始。
料金設定が高くなり、容量制限もあることから、現在では他のサービスより高い印象がある
8 hy-fi 株式会社Twelve 新しいサービスで利用料金は激安。キャンペーンも実施していることから料金重視の方はこのサービスがベスト

【緊急告知】
現在端末の供給が間に合わず、新規お申し込みを中止しています

9 BBN Wi-Fi ブロードバンドナビ株式会社 運営会社は歴史があり高信頼。新しいサービスで料金設定が激安。
海外によく渡航される方には、シンプルな料金設定で安心できる。
10 ポケモバクラウド 株式会社ポケットモバイル 新しいサービスで、料金設定はBBN Wi-Fi同様最安値。
海外利用をよくする方には
、シンプルで格安な料金設定でおすすめです。
11 THE WiFi スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社 欧米等の海外利用が多く、容量が必要な場合は、こちらが一番お得。
12 ゼウスWiFi 株式会社Wiz 新しいサービスで利用料金は激安。キャンペーンも実施していることから、料金重視の方は「hy-fi」かこちらの「ゼウスWiFi]

【キャンペーン実施中】
初月 2,980円の日割り

2~6ケ月目 2,980円
7ケ月目~ 3,280円
トータル料金では最安値級

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiの比較まとめ

通信制限のない人気のモバイルWiFiのまとめ

クラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiサービス厳選12社の提供サービス内容はさほど変わりませんが、料金(初期費用、利用料金、弁償代、解約違約金)に違いがあります。
また海外利用におきましては、料金設定方法の違いが大きいことから、各個人のニーズによって選定は変わるでしょう。

今までのご説明からクラウドSIMタイプの人気モバイルWiFiサービスの選定基準は、大きく4つのポイントになります。

クラウドSIMタイプのモバイルWiFiサービスの選定基準【4つのポイント】

  1. 国内利用料金(初期費用、利用料金、弁償代、解約違約金)
  2. 海外利用料金
  3. 端末の違い(操作性)
  4. 会社の実績と信頼性

2020年7月現在、端末在庫がなくお申し込みが出来なくなっているサービスも増えてきました。
今現在お申込みできるところで一押しは、「ポケモバクラウド」か「ゼウスWiFi」です。

↓↓下記のキャンペーンサイトからお申し込みしてください↓↓



【300×250】ゼウスWiFi