【エキサイト光】vs【enひかり】格安光コラボ、ガチンコ勝負

【エキサイト光】vs【enひかり】格安光コラボ、ガチンコ勝負

光コラボの光回線は、NTT東日本/西日本のフレッツ光を借り、独自のプロバイダーとセットにして運用しています。
そして現在は多くの光コラボがありますが、回線自体は同じでもプロバイダーの設備とサービスに違いがあり料金も大きくかわります。

そこで光コラボで最も料金の安いと評判の「エキサイト光」と最近格安で評判の「enひかり」を徹底比較してみました。

エキサイト光やenひかりは光コラボ?

エキサイト光やenひかりは光コラボ?

エキサイト光、enひかりは共に光コラボです。この光コラボって何かを最初にご説明します。

光コラボは光コラボレーションの略です。
各インターネット通信事業者は、NTT東日本/西日本の光回線を借り、独自のプロバイダーをセットにし、サービスを提供しています。これが光コラボです。
よって光コラボの光回線は、NTTが直接利用者に提供しているフレッツ光と全く同じものになります。

光コラボは電気通信事業法の適用に伴い2015年2月から開始したサービスで、NTT東日本/西日本の光回線の販売方針転換(国の民営化に伴う措置)からはじまりました。

光コラボのサービスが開始されたことで、光回線の競争が高まり、従来よりインターネット光回線の価格が下がりました。

もしまだフレッツ光に加入されている方は、光コラボに切り替える(転用といいます)ことで月額料金は下がる可能性が高いかと思います。転用は工事費がかかりませんので、比較的お気軽に対応できます。

【エキサイト光】vs【enひかり】の比較

【エキサイト光】vs【enひかり】の比較

多くの光コラボがありますが格安料金のエキサイト光とenひかりの2社について、会社概要、料金、サービス面で比較します。

【エキサイト光】vs【enひかり】基本サービスと料金で比較

エキサイト光 enひかり
初期費用 事務手数料 1000円(転用の場合2,000円) 3,000円(転用の場合2,000円)
工事費 戸建 18,000円
マンション 15,000円
転用の場合 0円
無派遣工事 2,000円
訪問工事で屋内配線新設なし  7,600円
訪問工事で屋内配線新設あり 15,000円
月額額料金 戸建 4,360円 4,300円
マンション 3,360円 3,300円
プロバイダー BB.excite(自社サービス) 自社サービス
契約期間の縛り なし なし
解約時の違約金 なし なし
スマホ割 なし なし
電子メール BB.exciteの電子メールサービス込み なし

【エキサイト光】vs【enひかり】オプションサービスで比較

主なサービス 月額費用
エキサイト光 enひかり
リモートサービス パソコンや周辺機器のお悩みについて365日いつでも相談できるサービス。ご自分のパソコンは、専用オペレーターが遠隔操作し解決します。 500円 500円
訪問サポートサービス パソコンに関するあらゆる疑問やトラブルに対し自宅までお伺いして対応してくれるサービス 2万円前後~/回 なし
セキュリティサービス ウイルス対策用ソフトを提供してくれるサービス 334円
(3台まで)
なし
ライフサポートサービス パソコン以外のお困りごとや普段の生活のお悩みについてご相談できるサービス。 なし 500円
ひかりテレビ アンテナ不要で地デジ・BSが視聴できるサービス。スカパーやCSにも別途有料で対応。電波障害を受けやすい場所にお住まいの方には朗報です。 750円 750円
ひかりでんわ NTTの固定電話をお使いの方は、電話番号を変えずにこちらに切り替えることで、月額基本料金や通話料金を大幅に下げることができます。 500円 500円
無線LANルーター 宅内のWiFi無線ルーターがレンタルできるサービス。パソコンはもちろん、スマホやタブレットなど家中でどこでも使える環境にすることができます。 300円 300円
v6プラス対応 混雑している「PPPoE」のネットワークを回避して、通信速度や安定性が大幅に向上させた次世代サービス。 140円
(サービス名:MEC光)
180円
固定IPアドレス取得サービス 固定のグローバルIPアドレスを取得できるサービス。Webサーバーやメールサーバーをご自身で構築したい方。少々専門的にインターネット回線をご利用になる方向け。 2,500円 700円

【エキサイト光】vs【enひかり】それぞれの会社概要

エキサイト光 enひかり
運営会社 エキサイト株式会社 株式会社縁人(エンジン)
設立年月 1997年8月4日 2007年10月1日
従業員数 219人 15人
社長 手塚 正純 横山 満
所在地(本社) 〒106-0047 東京都港区南麻布3丁目20-1 〒175-0094 東京都板橋区成増2-17-10 タカスビル6階
会社の特色
事業内容等
JASDAQに2004年11月2日に上場
ネットポータル。顧客の女性比率高い。広告・課金とブロードバンドが主力。
大株主に伊藤忠、スカパー
インターネット利用者の斡旋業務
固定電話利用者の斡旋業務
多チャンネル放送、視聴者の斡旋業務
携帯電話・パソコン等OA通信機器の販売
ウォーターサーバーの斡旋業務

【エキサイト光】vs【enひかり】比較のまとめ

【エキサイト光】vs【enひかり】比較のまとめ

いかがだったでしょうか。

エキサイト光とenひかりの2社は、光コラボが提供するインターネット光回線サービスの最安となります。

【エキサイト光とenひかりの共通の大きな特長とメリット】

  • 光コラボが提供するサービスでは月額料金が最安値
  • 契約期間に縛りがなくいつでも解約でき、解約違約金もない
  • オプションサービスが充実している

光コラボ全般に言えることですが、回線はNTT東日本/西日本が提供している光回線のため、ゴールデンタイムや夜間等は混雑し回線速度が遅くなるという評判が多くあります。
よってエキサイト光とenひかりの2社ともに次世代通信技術で高速通信が可能なv6プラス接続(IPv6 IPoE)のオプションサービスがありますので、入ることをおすすめします。

【v6プラス(IPv6 IPoE)接続とは】
最近IPv6インターネット接続という新たな通信接続方式を耳にする機会も増えてきました。
NTTの光回線は、スマホの普及や動画配信サービスが一般化したことで、一部の地域の時間帯によって、回線速度が落ち、不安定になるということが起きています。
次世代通信技術のv6プラス接続は、回線の混雑している箇所をバイパスさせるような技術で、光コラボの最近のトレンドになりつつあります。

とにかく安く抑えたいのであればenひかりの方がほんの少しだけ勝っています。そして固定IPアドレスの取得費は業界で一番安いことで、インターネット回線をマニアックに利用する方はenひかりですね。

片やエキサイト光はバックに伊藤忠商事がついている大手通信事業者になります。大きな信頼性をとるならエキサイト光でしょうね。