【hi-ho Let’s Wi-Fi】vs【どんなときもWiFi】

株式会社ハイホーの【hi-ho Let’s Wi-Fi(ハイホーレッツWiFi)】は、2020年6月にサービスを開始し始めました。
2019年3月からサービスを開始して圧倒的な人気の【どんなときもWiFi】とサービス内容が近いことから、この2つのモバイルWiFiサービスを比較してみました。

【hi-ho Let’s Wi-Fi(ハイホーレッツWiFi)】と【どんなときもWiFi】は、共にクラウドSIMタイプのモバイルWiFiルーターで、海外利用可能なサービスです。
この2つのサービス内容で何が違うのかをご確認ください。

ハイホーの【hi-ho Let’s Wi-Fi】と【どんなときもWiFi】の比較

ハイホーの【hi-ho GoGo Wi-Fi】と【どんなときもWiFi】の比較

【hi-ho Let’s Wi-Fi】と【どんなときもWiFi】共通の3大特徴

【hi-ho Let’s Wi-Fi(ハイホーレッツWiFi)】と「どんなときもWiFi」には、共通の2つの大きな特徴があります。

  1. モバイルWiFiルーター端末は「U2s」
  2. 海外でもそのまま持ち込むだけで利用可能

1、モバイルWiFiルーター端末は「U2s」

「hi-ho Let’s Wi-Fi」と「どんなときWiFi」で利用する端末は「U2s]というものになります。

但し「どんなときWiFi」は、サービス開始当時「U2s」でしたが、現在提供しているものは「U2s」と基本スペックは同じで、OEM共有されている「D1」という端末です。

U2sの端末情報

2、海外でもそのまま持ち込むだけで利用可能

「hi-ho Let’s Wi-Fi」と「どんなときもWiFi」のサービスの特徴は、共に海外でもそのまま利用できるというものです。

一般的なモバイルWiFiルーターは、端末にSIMが入っていますが、「hi-ho Let’s Wi-Fi」と「どんなときもWiFi」の端末は一般利用でSIMが入っていません(SIMを入れるスロットはあります)。

クラウド上のSIMサーバーに必要なSIM情報があり、利用者はWiFiルーターからのリクエストに応じて、SIM情報をここから自動で取得します。よってどの国でもSIMカードの差し替えは必要なく、手軽に海外でも通信が行えます。

「hi-ho Let’s Wi-Fi」と「どんなときもWiFi」で採用しているクラウドSIMは、最先端の通信技術になります。

【hi-ho Let’s Wi-Fi】の海外対応エリア

エリア1

970円/日

アジア1・オセアニア1・ヨーロッパ・北米)

中国・香港・インドネシア・韓国・マカオ・マレーシア・タイ・台湾・シンガポール・ベトナム・ラオス・ネパール・フィリピン・カンボジア・モンゴル・ミャンマー・オーストラリア,オーストリア・ベルギー・ブルガリア・チェコ共和国・ドイツ・デンマーク・スペイン・フィンランド・フランス・イギリス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スロベニア・トルコ・リヒテンシュタイン・バチカン市国・モナコ・オーランド諸島・サンマリノ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・マルタ・スロバキア・ウクライナ・エストニア・クロアチア・アイルランド・アイスランド・リトアニア・ルクセンブルク・ルーマニア・セルビア・ノルウェー・ジブラルタル・アルバニア・モンテネグロ・マケドニア・ガーンジー・ジャージー・マン島・ボスニア・ヘルツェゴビナ・アメリカ・カナダ

エリア2

1,600円/日

アジア1・オセアニア1・中東・中米・南米・アフリカ)

バングラデシュ・カザフスタン・パキスタン・タジキスタン・スリランカ・ブルネイ・インド・グアム・フィジー・ニュージーランド・北マリアナ諸島・アラブ首長国連邦・サウジアラビア・バーレーン・イスラエル・ヨルダン・カタール・クウェート・
オマーン・アルゼンチン・ボリビア・チリ・コロンビア・エクアドル・ペルー・ウルグアイ・ベネズエラ・ハイチ・パナマ/コスタリカ・グアテマラ・ニカラグア・エルサルバドル・プエルトリコ・ドミニカ共和国・アンギラ・ガイアナ・イギリス領ヴァージン諸島・ケイマン諸島・キュラソー島・カイコス諸島・イギリス領グレナダ・グアドループ・ジャマイカ・マルティニーク・タークス・フランス領サン・マルタン・セントビンセント・グレナディーン諸島スリナム・ブラジル・トリニダード・トバゴ・アルバ・メキシコ・ケニア・アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・ザンビア・モーリシャス・ナイジェリア・チュニジア・タンザニア・エジプト・モロッコ・西サハラ・南アフリカ・マダガスカル
【どんなときもWiFi】の海外対応エリア

エリア1

1,280円/日

アジア・オセアニア・ヨーロッパ・北米)

韓国・香港・中国・台湾・マカオ・オーストラリア・ニュージーランド・シンガポール・タイ・ベトナム・マレーシア・フィリピン・インドネシア・カンボジア・ミャンマー・ラオス・ネパール・インド・スリランカ・バングラデッシュ・カザフスタン・モンゴル・パキスタン・グアム・サイパン・フィジー・オーストリア・ベルギー・スイス・チェコ・ドイツ・スペイン・フィンランド・フランス・ギリシャ・イタリア・オランダ・ポルトガル・ロシア・スロベニア・トルコ・リヒテンシュタイン・モナコ・キプロス・ハンガリー・ラトビア・ポーランド・スウェーデン・ウクライナ・エストニア・クロアチア・アイルランド・リトアニア・ルクセンブルク・セルビア・ノルウェー・アルバニア・デンマーク・スロバキア・イギリス・サンマリノ・バチカン市国・ブルガリア・アイスランド・マルタ・ルーマニア・オーランド諸島・アメリカ・カナダ

エリア2

1,880円/日

(中東・南米・アフリカ)

UAE・カタール・ヨルダン・イスラエル・サウジアラビア・イエメン・バーレーン・コロンビア・ウルグアイ・ブラジル・アルゼンチン・ベネズエラ・パナマ・ドミニカ共和国・コスタリカ・エクアドル・グアテマラ・ペルー・ボリビア・チリ・ニカラグア・エルサルバドル・メキシコ・プエルトリコ・南アフリカ共和国・ケニア・モロッコ・エジプト・西サハラ・タンザニア・ザンビア・チュニジア・アンゴラ・アルジェリア・ガーナ・ナイジェリア・モーリシャス

【hi-ho Let’s Wi-Fi】vs【どんなときもWiFi】サービス内容の比較

サービス名 hi-ho Let’s Wi-Fi
(ハイホーレッツWiFi)
どんなときもWiFi
提供会社 株式会社ハイホー 株式会社 グッド・ラック
国内の利用回線 au
docomo
SoftBank
都度最適な回線を自動で選択
au
docomo
SoftBank
都度最適な回線を自動で選択
容量制限 容量制限あり
1日7GB
7GB以上ご使用日の翌々日の送受信を最大128kbpsに制限
容量制限なし(使い放題)
クラウドSIM(※1) 対応  対応
契約期間 2年
(以降1年ごとの自動更新)
2年
初期費用 内訳 事務手数料3,000円  事務手数料3,000円
合計  3,000円 3,000円
月額料金 ずっと 4,300円/月  クレジットカード料金
(口座振替は+500円/月)
3,480円/月
25ヶ月以降:3,980円/月 
2年間トータル料金 106,200円  86,520円
3年間トータル料金 157,800円
134,280円
支払方法 クレジットカード クレジットカード
口座振替(+500円/月)
端末弁償代 18,000円 18,000円
端末補償オプション 500円/月 400円/月
端末 U2s D1
端末の提供形態 無料 レンタル
解約違約金  0~11ヶ月:18,000円
12~23ヶ月:9,500円
24ヶ月目:0円
25ヶ月~:9,500円
 0~12ヶ月:19,000円
13~24ヶ月:14,000円
25ヶ月目:0円
26ヶ月~:9,500円
海外利用料 エリア1: 970円/日
エリア2:1,600円/日
エリア1:1,280円/日
エリア2:1,880円/日
このサービスのポイント 以前あった「hi-ho GOGO Wi-Fi」の改良版サービス

各社通信障害が多発したことで容量制限をかけ実質値上げしたサービス

0円スタートキャンペーン実施中

通信制限なしのモバイルWiFiサービスで2019年前半まで最安値

但し現在は通信障害があったことで申し込みができない

申し込み先 hi-ho Let’s WiFi どんなときもWiFi

※1 【クラウドSIM】
クラウドSIMは、モバイルWiFiルーターの端末にSIMが入っていません。
クラウド上のSIMサーバーに必要なSIM情報があります。利用者はWiFiルーターからのリクエストに応じて、SIM情報をここから自動で取得します。
よってどの国・地域でもSIMカードの差し替えは必要なく通信が行えます。
日本国内においては、「au」「docomo」「SoftBank」のそれぞれの回線から、自動で最適な通信回線を選択します。
クラウドSIMは次世代の通信技術です。

  • 国内の利用キャリアは、「hi-ho Let’s Wi-Fi」、「どんなときもWiFi」共にau、docomo、SoftBank の3社に対応しています。
    但し「hi-ho Let’s Wi-Fi」、「どんなときもWiFi」共に優先キャリアは、SoftBankのようです。

【hi-ho Let’s Wi-Fi】vs【どんなときもWiFi】の端末で比較

「どんなときもWiFi」で利用している端末は、つい最近U2sからD1に変更になりました。見た目は同じですが、D1には「どんなときもWiFi」と印字されており、オリジナル端末として提供しています。

hi-ho Let’s Wi-Fiで提供している「U2s」とどんなときもWiFiで提供している「D1」の性能はほぼ同じですが、若干の違いもあることから比較してみました。

hi-ho Let’s Wi-Fi
(ハイホーレッツWiFi)
どんなときもWiFi
端末製品名 U2s D1(U2sのOEM品)
重量 151g 151g
サイズ 127×65.7×14.2mm  127×65.7×14.2mm
連続使用可能時間 12時間  12時間
最大通信速度 下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:150Mbps
上り:50Mbps
SIMスロット個数(※) 1 x Micro SIM slot
(Standard SIM slotはありません)
1 x Standard SIM slot
1 x Micro SIM slot
ポート USB 2.0 port:
Input: DC 5V-1A~5V-2A
USB 2.0 port:
Input: DC 5V-1A~5V-2A
周波数帯 LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/19/20/26/28
LTE-TDD Band: 34/38/39/40/41
WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8
GSM:850/900/1800/1900MHz
LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/17/19/20
LTE-TDD Band: 38/39/40/41
WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8/9/19
GSM:850/900/1800/1900MHz
CDMA/EVDO: BC0/BC1
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n  IEEE802.11b/g/n
バッテリー容量 3,500mAh 3,500mAh
同時接続台数 5台 5台
付属品 MicroUSBケーブル(充電用) MicroUSBケーブル(充電用)
グレーのみ ゴールド/グレー
製造元 uCloudlink(香港) uCloudlink(香港)

SIMスロット個数:スロットに差し込んで一般的なモバイルWiFiルーターとして利用可能。

【hi-ho Let’s Wi-Fi】の「U2s」と【どんなときもWiFi】の「D1」は、見た目は同じですが、下記3つの項目で若干仕様の違いがあります。

  • SIMスロット個数
  • 周波数帯

「D1」はスタンダードSIMに対応しているくらいで、両サービスの利用勝手はほぼ一緒です。

【hi-ho Let’s Wi-Fi】vs【どんなときもWiFi】の提供会社で比較

「hi-ho Let’s Wi-Fi」は2019年11月にサービスを開始し、まだ日が浅いことから、どんな会社が運営しているか気になります。

そこで「hi-ho Let’s Wi-Fi」と「どんなときもWiFi」は、どんな会社が運営しているのか調査してみました。

hi-ho Let’s Wi-Fi
(ハイホーレッツWiFi)
どんなときもWiFi
会社名 株式会社ハイホー
https://hi-ho.jp/
株式会社 グッド・ラック
https://good-luck-corporation.co.jp/
代表取締役 鈴木 武人 佐々木 允浩
設立日 2007年6月1日 平成22年3月17日
本社住所 〒171-0021
東京都豊島区西池袋2-41-8 IOBビル 3F
〒910-2178
福井県福井市栂野町第15号1番地2
事業内容 インターネット接続事業
  • インターネット接続サービス
  • インターネット会員サービス
  • その他インターネット関連事業
従業員数 未公開 657人(2019年2月末時点、アルバイト・パート含む)連結グループ全体
親会社 株式会社ISPホールディングス(100%)  

株式会社オールコネクト
https://www.all-connect.jp/

本社:〒910-2178 福井県福井市栂野町第15号1番地2

連結売上高:355億円(2019年2月期)

その他  

発足当時は旧松下電器産業(現パナソニック)系列で当時の社名は「Panasonic Hi-HO」。
インターネットサービスプロバイダーとして事業展開。

2007年:IIJの傘下に入る
2018年12月:株式会社ISPホールディングス(投資会社)の傘下

 

 

hi-ho Let’s Wi-Fiを運営している「株式会社ハイホー」は、設立当時パナソニック系列のプロバイダーとして運営しており、歴史や信頼も兼ね備えていることから、安心してお申込みができるところかと思います。

【hi-ho Let’s Wi-Fi】と【どんなときもWiFi】の比較のまとめ

【hi-ho GoGo Wi-Fi】と【どんなときもWiFi】の比較のまとめ

「どんなときもWiFi」は、2019年春からサービスを開始し、既に多くの利用者がこのサービスを利用しています。
但し2020年2月頃から、通信障害が長い間発生し、現在では申し込みができない状態に追い込まれました。

通信障害の原因は、コストパフォーマンスが高いサービスだったことで利用者が急増し、供給できる通信設備が限界を越したことによります。

片や「hi-ho Let’s Wi-Fi」は、「どんなときもWiFi」の通信障害を教訓から2020年6月に新たに開始したサービスです。
以前提供していた「hi-ho GOGO Wi-Fi」に容量制限を設け、実質値上げしています。信頼を失わない事前の対策を打って出ました。

運営会社の株式会社ハイホーの親会社は、2度ほど変わっていますが、歴史ある会社でインターネット事業においては豊富な実績があります。

これからお申込みを検討している方は、「hi-ho Let’s Wi-Fi」の方が信頼度は高いことからおすすめしたいと思います。

【300×250】0円スタートキャンペーン実施中!【hi-ho Let